読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史のページをめくろう

頑張るアイドルがだいすき

Japonism〜和テイストが嫌いなジャニヲタなんていない〜


嵐 LIVE TOUR Japonism 名古屋、札幌に参戦してきました。


遅ればせながら感想を。



わたしにとってのJaponismはこれでおわり。今とてつもないJaponismロスに襲われながら何とか生きています。
去年は入ってないからツアー入るの2年ぶりで、本当に良かった。


何が良かったってまずわたしはずっとずっとジャニーズが表現する「和」が大好きで、嵐が初めてドームでやった凱旋公演のRight back to you とか去年のガムシャラでやった殺陣とか超好きで、ジャニーズWESTの初ライブツアーのオープニングに着てきたキラッキラの着物の衣装とかほんとに羨ましかった。

そんなわたしからすると待ってました!な和テイスト。良くないわけがない。



オープニングはSakuraだったのですが、Japonesqueで登場して「きみっとなっら〜」の後に特効が出てくるところまで想定していたので外れました。JaponesqueでなければSakuraだろうなと思っていたから半分当たりってところでしょうか。長い布が落ちて嵐が現れる。櫻井くんは安定のかっこいいんだけどJがかっこよくてびっくりした。前髪ある方が絶対にいい。もう何回もコンサートには行って嵐に会っているはずなのに毎回「あ、ほんとにいたんだ…」と思います。


札幌の最初の挨拶では櫻井くんは全3回必ず札幌ドーム特有のあの超天井エリアを呼ぶ。挨拶の後トロッコなどでそのあたりを通る時も絶対あの超天井エリアに向かって手を降るし何ならスタンド40列とかより全然いい気がします。わたしもどうせならあそこ入りたいって思いました。一緒に行ったJ担、智担のおばさま方は全くそんなこと思ってなかったので櫻井担特有の感情らしいです。



そんなJaponism(?)、見どころを翔くん中心に箇条書きでかいていきたいと思います。




①はじめの映像のアニメーションの翔くん。

このアニメーション、一番初めに声を発するのが翔くん。「どうじゃ、美しかろう」翔くんは大前提としてイケボなのでこの声まーーじかっこいい。高まる。


しかしわたし的にはオープニングは1人1人がクローズアップされて「ギャーーーーー!しょーーくーーーん!」となるくだりが欲しかったなと。やっぱりオープニングはLOVEが1番!




②miyabi-nightの気合いモリモリの翔くん


札幌2日目に特に感じたのだけどこの曲の翔くん相当気合い入ってます。
振りが大きい。櫻井くんの後ろについてる振りが大きいで定評のある宮近に負けてない!!



③青キミで頑張って踊る翔くん


札幌2日目、櫻井くん何となくいつもよりmiyabi-nightとか振りが激しくて気合い入ってんな?!と感じたんです。そしたら青キミがさっきのmiyabi-nightは見間違いだったのかってくらい振りが小さかったんですよ。どうしたんだろうって思っていたらMCで謎は解決されました。翔くん、高いところ怖くて振り小さくなっちゃってたなんて(;;)可愛すぎる。33ちゃいおじさん可愛すぎる。翌日の青キミでいつも以上に翔くんのことを凝視していたのですがちゃんと足は上がっていたし、Jに指摘されていた最後の交差するところも内側ではなく外側を通っていました。双眼鏡でガン見しながら「可愛い…可愛い…」と心の声が漏れていました。翔くんよくできまちた♡♡残り公演も頑張ってね♡♡



④make a wishを歌う翔くん


何か特記するほどでもないかと思ったんだけどこれ歌う翔くんほんとかわいい。(語彙力)「なにか捨てなきゃ重量オーバー」の時の翔くんの声とか大サビ前の智と歌う「心の中にある道標〜」の時の声とかほんとに好きだ〜〜。昔に比べて圧倒的に柔らかくなった声で歌う爽やかな曲ほんとにいい〜〜。


【番外編①二宮ソロ】


にのちゃんのソロ曲は感想の前に、ひとつ。にのちゃんはこの前の曲(make a wish)の途中でハケるのですがハケる時花道の横の階段から降りて行くんです。花道降りたらもう照明あたっていないんだけどいつもにのちゃんその近くのアリーナ数列の人たちに手降ってから去っていって。あそこ超良い!!二宮担ならセンステ最前よりもメインステ最前よりもハケ口最前が1番いい!!確実に手降ってもらえるし照明あたってない時にもアイドルがアイドルしてる姿がわたし超好きです。ちなみに翔くんは右手を上に突き上げてからハケていったりすること多い(笑)

曲のダンスもほんっとうにかわいくてあの棒ただの棒じゃなくてなんかシンデレラのビビデバビデブーのステッキに見えた(よくわからない)すごくキラキラしていたということです!間奏から始まるリズムゲームの音が今でも頭から離れません。MUSIC聴くとわたしの脳内で二宮くんステップ踏み出す。




⑤インザルームの帝王感


翔くん昔「帝王」ってめっちゃ呼ばれてた覚えあるけどインザルームすごかった……。足組んで椅子にのけぞりになったりほんとに入ってて……。曲に入り込みすぎてやばくなる人大好き芸人なのでたまんねえ……。Face DownのPV思い出しました。途中後ろ向いて片足だけヒョイってあげるところがあったんですけどそこもたまんねえっす。全体的に官能的たまんねえ。
Jのソロの流れからのインザルームすごく自然でインザルームのイントロがものすごいいやらしく聞こえました。めっちゃ興奮する。



⑥マスカレードかっこ良すぎ

衣装!!!!演出!!!!!ダンス!!!!!すべて最高!!!!!マスカレード=仮面舞踏会ということで少年隊感が半端ない。スタンドマイクで踊るのも少年隊っぽいし大サビで両ひざついて踊るのも少年隊。最後の水を吹くのは沢田研二の真似らしいです。(J担、大野担の叔母さま情報)途中で帽子を脱いで投げるんですけどわたし帽子脱ぐ動作
大好きなので双眼鏡凝視。
1番スタンドマイクで踊って2番のサビは下手側で普通に踊るんですけどここの振りめっちゃ好きで!!!!!あ〜〜〜〜〜ほんとにかっこ良かった〜〜〜〜〜〜〜もっかい見たい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




⑦愛を叫べの櫻井翔のためだけにあるあの瞬間


愛を叫べ、最後に一列になって1人ずつカメラに抜かれていくところがあります。それ翔くんいつも最後なんですけど日を増すごとにそこでのサービスがレベルアップしている気がします。名古屋ではそんなにインパクトなかったはずなのに札幌であの人投げチュー入れてきたのです…(震)わたしおったまげました…(震)札幌3日間のうちならわたしは1日目のものが好きです。1日目はちょっと溜めた感じの投げチューで死んだんですけど2日目はPerfumeが嵐ちゃんに来た時にやっていたようなお上品な投げチューで、3日目は人差し指と中指をチュッとして天に捧げるような、よくやるやつでした。あそこ、絶対これからもっと進化して行くと思うので櫻井担は覚悟したほうが。現に京セラでエアチューみたいなの3連続したというレポ見たので、東京の頃には恥を捨てた本気の投げチューとかしてくれたりするのではと考えています…。見たい…。



⑧君への想いのモニターとラップ

この曲モニターの映像がとてもよい。5✕10の明日の記憶を彷彿とさせる5人の、ジャニーズの歴史が映されます。最初一番古いグループ、ジャニーズから名前が順に出てきたのでこれはSexy Zone来る?!と思ってなんだかワクワクしていたらの前のKinKi Kidsで止まりました(笑)一人一人の誕生日がうわーーーっと流れていっ最終的にみんな1999年11月03日でとまるところはマジ涙。揃った(;;)
最後は15年振りにハワイのあの場所で撮った写真。
そしてわたしこの曲のラップの声がすごく好きでいつも聴き惚れてました。このラップ歌ったあとすぐにソロのためにはけていく翔くんの後ろ姿がなんか曲にマッチしてて倍よかった…。



櫻井翔ソロ Roling days

まじ涙(;;)翔くんがファンカッション(;;)パンフとかではファンカッションと言わずにドラムラインと言っていましたがやっていることはファンカッションとほとんど変わらなかったと思います。
昨年嶺亜ちゃんがチーム者で披露したあのファンカッションを、紅白とジャニワで健人くんが披露したファンカッションを櫻井翔が!やっている!!
わたしはジュニアの担当としてガムシャラでジュニアがこのファンカッションに苦戦している姿をたくさん見てきました。このファンカッションがどれだけ難しいことなのかというのある程度はわかっているつもりです。不調の日はほんとに悔しくて泣いちゃったり機嫌悪くなっちゃうこともあるんです。まあこれは若いジュニア特有だとは思いますが(笑)それを、翔くんがやっていました。ジュニア達が約1ヶ月半、一生懸命練習して完成させたファンカッションをいったい翔くんはいつからやっていたのだろう?どれだけ苦戦したのだろう?もしかしてガムシャラの先生と同じ先生から教わっているのだろうか?とたくさんの疑問とそんな難しいファンカッションを時間がない中あれだけのクオリティーで披露した翔くんがすごすぎて泣きそうになりました。太鼓叩くだけなら簡単そうに見えますが、叩くまでも大変で、手首の動かし方を身につけないといけなくてジュニア達は手首の運動から練習が始まったくらい。
ほんとに感動して、「翔くん、すごいよ……すごい……」とずっと思って見ていました。もちろんペンライトは放置です。
最後のサビジュニアと一緒にやる場面はほんとにジュニアも大変だっただろうなと思います。ありがとうね…。(誰)1回間違えちゃうとパニクってわからなくなるんです、複数の人数でやってるとなおさら。私が見た公演はすべて翔くん完璧で(京セラで落としたと聞きましたが)ほんとにすごい。ひたすら感動しました。あと最初メインステで1人で叩いたあと前髪をブワーッとかきあげるのめっちゃかっこいいよ……。

ただ曲と合っていたかどうかという件については伏せます(笑)(笑)あんなにかっこいいガツガツした曲だったので踊って欲しかったという気持ちも捨てられませんが(笑)せめてラップは叩かなくてもよかったかなーなんて思います(笑)あとこの後のMR.FUNKの印象が強すぎて他担にとってこの翔くんソロの印象薄れてるんじゃないかと心配です(笑)二度も相葉さんの強すぎるソロと櫻井くんのソロ並べるのやめてください(笑)


でもよく頑張ったよ!翔くん!この後の公演でも頑張ってね!終わったらエピソード聞かせてほしいです。



⑩Bolelo!で張り切りすぎてる翔くん

こちらオーオーオオーオオー♪というペンライトをぐるぐる振り回すところがあります。そこでの翔くんといったら。最初は手を回していただけなんですけど途中から被っていた帽子脱いで降り出します。(この衣装かっこいい、最近また翔くんに帽子着させる衣装さんナイスです。)なんか完全に自分の世界入っちゃって1人で楽しんでます。(愛しい)サビの最後の「Bolelo!(hey!)Bolelo(hey!)」のところは足突き上げて超ノリノリです。(愛しい)この曲はノリノリの翔くんを見て愛しさを爆発させる曲です。



⑪Japonesqueかっこ良すぎ__†__

わたし和装が大好きで。最初にも書いたように好きすぎて何度も何度も羨ましいっていってたんです。今回テーマがJaponismに決まって真っ先に思ったのが「和装が見れるかもしれない…!」でした。
それが、ついに、その夢が、叶いました涙涙涙涙涙涙涙、第一声は「着物オオオオオオオオオ涙涙涙涙涙涙涙」でした。しかもほんとにいい着物…………。かわいすぎる…………。わたし宮城の愛を叫べのお花いっぱいアイドルスーツだいっすきで歴代一位更新したんですけどこの着物も同率一位獲得です。そして翔くんはなで肩なのでダントツ1番この衣装が似合います!!♡♡ごめんなさいそんなに他のメンバーのじっくり見ていないんですけどね♡♡!!
振付もめっちゃ和で、傘を使ったり着物の袖を利用したり本当にわたしの大好きなものばかりが詰め込まれていてツライ。良すぎてツライ。最初の「ラッチャッチャーラッチャラ」の部分での腰を左右に動かす振りが好きすぎてツライ。ツライ。ツライ。とにかく良い。言葉出ません。早く映像見たすぎてツライ。




【番外編②最後のモニター】

見どころというほどではないのですが本編終わったあとのモニター映像がとっても素敵で大好きです。嵐がデビューした1999年11月3日から時間が流れていって今その瞬間の時間になるんです。秒数まできっちり。今同じ時間を共有しているんだなって思うと本当に感動します。そして昨日より長かったな、短かったなって確認する場所でもあります(笑)(現実的)



⑫A・RA・SHIのラップのコールアンドレスポンス

このコールアンドレスポンスをちゃんとやったファンに対してカメラ(モニター)に向かって丸をしてくれます♡♡翔くんが褒めてくれます♡♡嬉しい♡♡ありがとう♡♡翔くんのためなら声が枯れても構わない♡♡しかし二宮氏が翔くんの背後に訪れ、ちょっかいを出すとやってくれません。二宮氏とイチャイチャしています。それもそれでかわいい。(結局)




⑬ディスコスターバイバイ翔くん

もうアンコールラストです。(飛んだな)ディスコスターバイバイどんだけ好きなの。かわいい。はあ。かわいい。




以上です。全体を通して翔くんほんと可愛いです。好きすぎて困ります。


コンサートの総評としては昨年よりは全然よかったと思います。昨年は参戦していないので現場の雰囲気等はわかりませんが、映像見ててもそう思いました。なぜなら昨年の前半はアルバム曲メイン、後半は15周年メドレーという流れはあまり良くなかったと思っているからです。前々から15周年は特に意識しないと言っていたのにいやバリバリ意識しちゃってるじゃん!!と。「ハワイに来れなかったファンのために」という精神はいらないかな、映像で見るからいいし、ツアーなんだからツアーが見たい。と思いました。事実上のアンコールがないというのも好きじゃないなあ。やっぱりアンコールの嵐コールしたいので。他にも色々思うことがあるのですがそれは省略で。でもLove WonderlandとTell me whyとTRAPとはめっっっっっちゃすき。(笑)



和テイストが好きすぎる私にはもってこいのツアーでした。しいて言うとすればアンコールのセトリがユメニカケル以外いつもどおりすぎるとか。



全体的にコンサートという名の舞台という感じがしました。ソロで言うと翔くん、相葉くんのはジャニワでやってるものに似てるし、智は自分のやっていたKYOTO KYOや滝沢歌舞伎っぽかったし、二宮はプレゾンぽかったし、Jはよく知らないけど海外舞台でありそうだなって感じました。途中からわたしジャニワ見に来たっけ?って錯覚しました。それは嘘です。
どれも「ジャニーズっぽい」というのに適したものだったと思います。そもそも「和」というのもジャニーズはこれまでもよく取り入れているもの。
これぞジャニーズ!!っていうのを表したかったというコンセプトぴったりだったと思います。



とりあえず早くマスカレードとJaponesqueの映像が見たくてウズウズしています。早くツアー終わってくんねえかな(笑)




はあ〜~~~~~~~~~やっぱりどうしようもなく櫻井翔が好きだ!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!