読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史のページをめくろう

頑張るアイドルがだいすき

これからも中村嶺亜くんを応援しようと思えた日

 

Sexy Zone presents Sexy Tour2017~STAGE 行ってまいりました。

 

Sexy Zoneの感想を書く前に数年ぶりにセクゾちゃんのツアーのメインバックについた中村嶺亜くんのことについて書いておきたいと思います。

 

昨年はセクゾにはついてなかったし、一昨年は東京だけだったし嶺亜ちゃんがこうしてセクゾのメインのバックにつくのは本当に久しぶりですよね。というか全国ツアーにつくのが久しぶりだったような気がします。おいしいものたくさん食べれたかな?

 

嶺亜ちゃんはこのツアーの大阪公演で20才の誕生日を迎えて、聡ちゃんがお部屋まで来て祝ってくれたみたいだし、コンサートのジュニア紹介のときにもセクゾのメンバーから嶺亜おめでとう!って言ってもらえたみたいで本当によかったなあと思う反面バイトを入れてしまったことを心から後悔しました…。バイトなんてすっぽかして行けばよかった…。という私情はおいといて、誕生日にもステージにたててよかったね!という気持ちでいっぱいです。

 

さて、本編の話になります。オレンジのブカブカなスーツをきて登場した嶺亜ちゃんはのっけからまじかわいい。High High Peopleとか本当にイイ、なんか胸に来るものがあったな。YOU YOU~の5人分やるところの中村嶺亜くんめちゃんこかわいいです。最後のお尻ごっつんこするところはお友達の聡ちゃんの隣なのですごく楽しそうにやっているところがまたかわいい。

その感じで言うとWith Youもすごく胸に来るものがあって、Sexy Zoneよりも前から歌っていた曲。その頃の映像を見たあとに今のWith You見るとまた感動するんだなあ!嶺亜ちゃんが踊っているのも考え深くて、当時のメインバックはってたジュニアでこのツアーについてるの嶺亜ちゃんだけじゃないですか。みんな他にグループ組んだりやめちゃったり…。Sexy Zoneにたくさんのことがあった5年間があるようにバックのジュニア達にもちろん5年間でたくさんのことがあったんだなって改めて思いました。

 

後はダンケシェーンですね、昔から使っているピンクとブルーのスケボーでステージ上を自由に走る嶺亜ちゃん。わたしここは勝手にスーパーれあたんタイムと名付け、モニターには映らないので嶺亜ちゃんを双眼鏡で追う時間にしていました。最後に本高から花束を差し出されるんですけど受け取ったり、いりませんって断ったり、受け取ったと思いきやターンして返したり、やっぱり天使だった。途中のダンスコーナーのみんなで側転するところ、嶺亜ちゃんの側転めちゃくちゃ下手くそで超愛おしくなりました。サマハニ踊る嶺亜ちゃん見て去年の夏を思い出してちょっと切なくなったり。

 

アンコールのCongraturation、嶺亜ちゃんドセンターなんですよ。嬉しかったな。その後のジュニア紹介で個人名ではなくてジュニア全体で紹介されるんですけど、みんなが客席に向かって手を降ったりしている中、嶺亜ちゃんは一礼してから手を降るんです。そしてもうライトなんて当たってなくて、お客さんもたぶんもうほとんどSexy Zoneの方を見ているのにステージをはける直前、もう一度ステージと客席に一礼するんです。幕が下がる時、いつもお辞儀してることは知ってたけどここまでしっかりしているとは。スケートリンクを降りたあとリンクに向かって必ず一礼する羽生結弦と同じものを感じました。なーーんてできた子…( p_q)オーラスの時、いつも通り一礼してからはけようとしてて、そしたら嶺亜ちゃんの後ろを歩いていたもう一人のジュニアの子も嶺亜ちゃんのマネをして一礼してからはけていったんですよ。こういう子がもっと増えていってほしいなと思いました。やっぱり中村嶺亜くんはどこまでも礼儀正しい、かわいくて素敵な子でした。

 

この5年間で嶺亜ちゃんは私生活では髪の毛もたくさん染めて、ピアスも3個も開けたし、大学生になって一般のお友達がたくさん出来てめちゃくちゃエンジョイするようになったけどアイドル面では大切な仲間も何人もいなくなってしまって、自分と同等、又は後ろで踊っていたはずの子より後ろで踊らなくてはいけなくなったり、少クラに出なくなったりして、悔しいことも色々あったね。

 

でもこうやってどんどんアイドルとしての力や、経験が積み重なってどんどん素敵なアイドルになってることは間違いなくて、だから姿を見るたびにわたしはこれからも中村嶺亜くんのことを応援し続けようと思えるのです。

 

誕生日公演で、おめでとううちわをたくさん見た嶺亜ちゃんが改めて「これからもがんばろう」と決意したならどこまでもあなたの夢についていくよ。がんばろう。お疲れ様でした!