読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史のページをめくろう

頑張るアイドルがだいすき

担当のいない夏なんて

ジャニーズ

ジュニアの夏現場が発表されました。


お昼休み、ご飯を食べているときにメールがきました。

『サマステ ジャニーズキングダム』開催決定!!

慌てました、、。めちゃめちゃびっくりしました。はっ!!うちの天使は……!!と思って急いで出演者一覧を見ました。目を疑いました。なんか嫌な予感が、的中してしまいました。もう一度、二度出演者一覧を見ました。ない。ない。「中村嶺亜」の文字が、ない。


嶺亜ちゃんは今年の夏どこで過ごすのでしょうか。嶺亜ちゃんを見るためにはどこに行けばいいのでしょうか。嶺亜ちゃんは何故出られないのでしょうか。嶺亜ちゃんのいない夏なんて、EXシアターなんて存在するのでしょうか。


去年まで名前がなかったはずのたくさんのジュニア達の名前が並んでいました。この子達はEXの舞台に立てるのに、何故嶺亜ちゃんは立てないのでしょうか。嶺亜ちゃんは人気がないのでしょうか。実力がないのでしょうか。アイドルに対する思いが弱いのでしょうか。


そんなはずありません。何度何度も考えてもわたしは彼がこの舞台に立てない理由がわかりません。グループに所属していないから?ではグループの公演ばかりのジャニーズ銀座に天才Geniusと一緒に出るのは?今回天才Geniusと一緒に出るのは松松ちゃんです。わたしは松松ちゃんが大好きです。本当は松松ちゃんと嶺亜ちゃんと颯くんと羽生田でグループ組んでほしい。もっと言うと、たじーも入れて6人でグループ組んでほしかった。グループ組んだら、サマステ出られますか?


わたしはドル誌がTwitterで流してくださる裏話が大好きです。何ヶ月か前に嶺亜ちゃんのことがかかれていました。



f:id:jjj_as:20160419000048j:plain



「フリーの中村嶺亜です☆」

って、なんて天才なんだろうと思いました。ジャニーズジュニアにとってグループに入るというのはとても大切なことで、入っていたほうがいいに決まってます。しかし、こう答えることでなにも負の印象を与えさせない。フリーってことは何にでもなれる、何にでも万能に動けるってことなんだ!って考えることができます。


ここ最近の嶺亜ちゃんの干され加減には何度も悔しい思いをしてきました。嶺亜ちゃんに実力がないなら仕方ない、でもわたしは、ただのモンペかもしれませんが、嶺亜ちゃんはアイドルとしての実力、才能があると思っているんです。だから悔しかった。あなたはこんなところで踊っているべき子じゃないんだよって何度も思いました。


それでも、どんなところで踊っていようと嶺亜ちゃんは嶺亜ちゃんでした。嶺亜ちゃんの笑顔はとびきり輝いていて、白い肌に赤茶色っぽい髪の毛、どこにいてもすぐに見つかりました。それは、嶺亜ちゃんが輝いているからです。わたしは嶺亜ちゃんの誕生日の時こんなことを呟きました。



f:id:jjj_as:20160419000108j:plain




ふざけてだいぶ盛っているように書いていますが、本当なんですよね。
記憶に新しいもので言えば、勝利&健人withジャニーズjr.で出演したMステでしょうか。番組冒頭、階段に立っている大量のジャニーズジュニアの中で唯一カメラを見つけて、目線をキメている子が嶺亜ちゃんでした。背が高いわけでもない、顔が濃いわけでもないのにあそこまで目立っていたのはカメラを見るその笑顔の眩しさがゆえのものだったのではないでしょうか。嶺亜ちゃんはどんなカメラも味方につける力を持っています。これはアイドルとして大きな才能だ、と思います。



嶺亜ちゃんが最近髪の毛をピンクっぽい色や金髪にしたのも自分の趣味ということももちろんあると思うのですが、たくさんいるジュニアの中で目立つためでもあったのではないかなと思います。髪色は見ている人にインパクトを与える。そう考えるとわかりやすいみんなと違う色
の方がいいですよね。結局茶色に戻してしまったみたいですけど(笑)茶髪も見つけやすくてとてもいいです!似合ってますしね!ジュニアは目立ってナンボです!




ジャニーズワールドの際嶺亜ちゃんの担当ではない方の、こんなツイートを見かけました。


f:id:jjj_as:20160419000119j:plain


わたしも違う日に、この姿を目撃しました。いつものその眩しすぎる笑顔で両サイドのお客さんに手を振りながら退場していくジュニアは彼だけでした。あまりにも可愛くて、天才でそれを見てからしばらく動けなかったことを覚えています。わたしの友人も嶺亜ちゃんの担当ではないのですが「あれはすごかった」と言ってくれます。若手俳優の阿久津くんも「ハケ際のれあたんに覗き込むようにバイバイされた!」と呟いていました。最後まで自分はステージに立っているのだという意識がぶれない。最後までお客さんを楽しませてくれて、かつアイデンティティーを崩さない。どうか一人でも多くの人にこの子のプロ意識の高さを見てほしい。どうかこの子は報われてほしい。そう思わずにはいられません。




わたしはこの時の衝撃を、彼の素晴らしさを伝えたくて初めてファンレターを書きました。めちゃめちゃ長くなってしまったので頑張って添削して、少しでも嶺亜ちゃんの自信に繋がってくれるようにいっぱいいっぱい褒めました。わたしが大切にしている嶺亜ちゃんの発言についても記しました。それは、もう2年ほど前でしょうか、「ジャニーズジュニアナンバーワン決定戦」という祝日お昼に突然放送された番組でのインタビューでの発言です。


f:id:jjj_as:20160419161938j:plain



ジュニアってデビューを夢、目標だと語る子が多いじゃないですか。それはいいんです。もちろん素晴らしいことです。でも嶺亜ちゃんはそうじゃなくてその後のことまできちんと夢として考えられているんだなって、こんなこと言われたら応援するしかないよねって思ったんです。その後のインタビュー(先日発売したジャニーズjrカレンダーなど)では将来の夢として「スターになりたい」と言っています。これは、小学生が遊び半分でいう夢とは大きく違います。スターになりたいだなんて、一見簡潔で、簡単に言ってるように見えますが、嶺亜ちゃんには本当の覚悟があってスターになりたいんだと言っているってわかっているから、だからわたしも絶対にスターになろうねって思えるのです。嶺亜ちゃんに限らず、今年から大学一年生の歳になるジュニアはたくさんいます。97年組のジュニアは雑誌でも取り上げられるくらい沢山いるのです。それが、この春誰1人このタイミングで辞めるという選択をしなかった。もう部活代わりとは言えない、社会人としての仕事になりました。みんなそれだけの覚悟があってやっているのです。生半可な気持ちじゃない。だからわたしも生半可な気持ちで嶺亜ちゃん含む、ジュニアを応援しているつもりはありません。


辞めることが悪いことじゃない。わたしは自分のもうひとつの夢を追いかけて辞めていった関西ジュニアの金内くんはとってもかっこいいと思います。でも辞めないこともかっこいい。結局、自分の夢を追いかける姿はみんなかっこいいんです。だから全力で純粋にその夢を追いかけている人をを応援したいと思うのです。


嶺亜ちゃんは「夢を諦めることを諦めた」とjrカレンダーで語っていました。私の憶測でしかないのですが本人もかつてより自分の位置が下がっているなって実感した時、高校卒業の時、仲良しだった仲間が退所した時とか色んな時に自分はこのままでいいのかって悩んだんだと思うんです。でもどうしても、夢を諦めきれなかった。どうしてもアイドルとして輝いていきたかった。そして出た答えが「夢を諦めることを諦めた」だと思います。嶺亜ちゃんの夢はわたしの夢でもあるから。わたしも「嶺亜ちゃんに対する夢を諦めることを諦めるよ」。



わたしは嶺亜ちゃんのそのオーラ、大物感に堕ちた人間で、自分の目に狂いはなかったと今でも胸を張って言えます。もちろんまだまだなところも沢山あります。ガムシャラに後半はほとんど出してもらえなかったけど、出してもらった時に視聴者にインパクトを残していたかと言われたらまだまだだったし、ぶりっこで大物美少女であるがゆえにあまりおもしろくもっていけなかった時も多かった。(その点違う種類のぶりっこである岩橋はその個性をうまくバラエティーで使えていて良い)だからまだ発展途上。しかし嶺亜ちゃんにはその場が与えられていないのです。経験の場がなければ成長できるはずがない。自分の個性をトーク面でうまく使えるようになればおもしろくなる見込みは十分にあるのに場がないことが悔しいです。


結局何が言いたいのかよくわからなくなってきましたが、中村嶺亜がこの夏EXシアターにいないという事実を受け入れることができません。このメンバーのバックになんてつくことはないと思うので(そんなことは絶対に許さない)sexy zoneの夏イベントがあれば、それのバックにつくのかなあと思っています。



あー、ほんとうに悔しいです。嶺亜ちゃんに関してははっきり言って最近悔しいことだらけでした。こんな場所で踊っているべき子ではないんだと何度も思いました。このジュニアより後ろで踊るなんておかしいと。しかしそれでも嶺亜ちゃんはどこにいてもいつもの笑顔で楽しそうに踊っているから、場所なんてどうでもよくて嶺亜ちゃんが踊っている姿を見ていられる、今はそれだけでいいと思っていました。しかし今回は違うその姿さえ見られない、そんなのいいはずないじゃないですか。ましてや嶺亜ちゃんは人気がないわけではないのです。恋人にしたいジュニアランキングだって、周りはドラマやバラエティーにたくさん出してもらっている子ばかりがランクインしていたにも関わらず、嶺亜くんはその中でも順位を上げ、8位にランクインしているのです。正当な投票ではないにしてもすごいことだと思いませんか。こんなにも需要がきちんとあるのに現場がないってどういうことなのでしょうか。


こんなにいろんなことがあっても、きっとこれからも嶺亜ちゃんは変わらぬ笑顔で他のお仕事をするのだと思います。だから結局わたしは相談にのってあげることなんてできないから、彼を応援する、それしかできないんです。
彼のとびきり輝いた笑顔が大好きだから。



素直に湧き出てきた感情をそのままつらつらと打っているので表現の仕方が悪い汚い文章になってしまいましたが中村嶺亜担当としての今気持ちを残しておきたかったので書きました。失礼いたしました。



今から嶺亜、颯、羽生田を天才Genius松松グループに入れてもかまないんですよ?( ^ o ^ )


中村嶺亜くん、絶対にスターになろうね☆

黒崎くんの言いなりになんてならないが素晴らしすぎた

ジャニーズ


黒崎くんの言いなりになんてならない見る日々が続いています。




とにかく最高すぎるよ!



めっちゃおもしろーい!!絶対に誰もが黒崎くんの言いなりになりたくなる!!自信を持ってオススメできる!!最近少女マンガの実写化がありすぎてマンネリ化しちゃってる部分があったと思うんですけど超面白かった。最近見た少女マンガ実写化の中で一番良かったのはヒロイン失格だったけどそれも超えたしアオハライドとか好きっていいなよみたいにクソつまらないものになってなくてほんとによかった。健人くん本当にいい作品に出会ったね。


ドラマは「いやこれはやばいww」みたいなだいぶギャグな部分が多くて、映画も結構ギャグ強いのかなと思ってたら、とてもしっかりしてた。いやギャグ強いんだけど後半は割とまじめでグッとくるシーン多くてメリハリがしっかりしていたなと思います。約90分と時間も短いためか展開もとても早くてイライラするところがない。ありがちの主人公が悩んで涙を流すアップのシーンとか長い、いらない、と思う派なのでそんなところもなくて進むテンポがよかったから見てて気持ちいい!!


あとこういう恋愛が成就することを最終目的とする話って最後の最後までちゃんとしたラブシーンがなくてせっかくラブストーリー見てるのにキスシーン最後の1回とか物足りない感じがするんですよね。黒崎くんはラストシーン前までにドラマ入れて3回もチューするしキュンキュンシーンが盛りだくさんでとにかくキュンキュンしたい!という女子にはうってつけの映画で終わったあとの満足感が半端ない。「はあ、なんかすごいもの見たな、、、」って(笑)


本当に見てほしい。ジャニーズだし、中島健人〜?(笑)(笑)(笑)とか言ってる人達に(いるか知らないけど)見てほしい。原作をちゃんと読んだことないけど割と合ってると思うから原作ファンも実写化反対とか言わずに(言われてるのか知らないけど)見てほしい。とりあえず見て!!って!!


え、だって、中島健人、黒崎くんぴったりだったよね?!?中島健人以外に黒崎くん演じられる人いるんですか??例えばただのドSを演じるだけなら他にもできた人いたかもしれないです。しかしこの黒崎くんはドSなだけではない。ドSの中の可愛さとか、笑っちゃうようなドS加減とか出せるのは中島健人だけだと思います。天才。


自分的好ポイント(大量)を時系列順に書き出しておこうと思います。大いにネタバレ。




・最初にチューして去ったあとに由宇ちゃんに文句を言われて遠くなのに地獄耳だから「あ゛あ゛?!💢💢」って言っちゃう黒崎くん。舌打ちも良い。


・後ろに見えるケーズデンキ

・白河くんのっていうか千葉雄大のほっぺたがまじで餅


・突然教室で由宇ちゃんの耳を噛む黒崎くん。まじ漫画。

・白河くんが由宇ちゃんにアーンしたパン、ビジュアル的にいつも金魚のエサのお麸かよと思う


・「もっと屈辱的なこと命令してやろうか?」の言い方100点。由宇ちゃんに投げつけられた雑巾を黒崎くんはちゃんと拾ってるのがカワイイ。


・男子に裸みられちゃえばいいのにっていういじめが謎すぎる、わざわざワードであの張り紙作ったのかと思うとおもしろい

・あのいじわる三人組女の子のくるくる二つ結びの子が結構かわいい

・お風呂シーン早い!!(笑)そして本当にタオルがギリギリ


・シャワーシーンの流し目エロすぎる

・シャンプー終わったあとの髪型好きすぎる

・由宇ちゃんのいる方の湯船に映るときタオル巻いてないよね??黒崎くんそれわいせつ行為だよ??相当やばい


・白河くんが入ってきて「そこにあるタオルとっくれないか?」って言ったあと由宇ちゃんにポンポンして息しろって知らせてくれる黒崎くん優しくて惚れる、てかその時どこ触ったの?


・「お前好みのいい湯だぞ」って言って入らせようとしたと見えて実は湯が熱いから白河くん入れないの知っててわざと言って由宇ちゃんを安心させようとしてくれたと見た。かっこ良い。


・お湯触って熱かったので「やっぱやめるぅ(プウ)」の白河くん超かわいい


・白河くんが出て由宇ちゃんが出ようとした時に顔を背けてる黒崎くんカワイイ


・シュシュ見つけて由宇ちゃん見たらのぼせてたこの図ちょっとおもしろい


・その後黒崎くんがどうやって裸の由宇ちゃん抱き上げて自分のYシャツ着せたのか気になる。見たくないと言いながら絶対見たよね?由宇ちゃん下着とか見るの悪いかなと思って手っ取り早く自分のYシャツ着せてあげたの?え、そしたらノーブラ?ノーパン?ノーパンだったらお姫様抱っこしてる時アウトだと思うんですけど黒崎くん着せたのね?Yシャツ1枚って、襲いたくならなかったのかな?黒崎くんの理性恐るべし。


・由宇ちゃんの髪の毛の水気が取れていたし前髪もちゃんとおりてたからそこまで気を使ってくれたと考えると黒崎くん優しすぎる


・お姫様抱っこして歩く時の黒崎くんの濡れた首元100000000点

・いくらスッピンがコンプレックスでも裸よりスッピン気にする由宇ちゃんすごいなあ


・由宇ちゃんが起きた後部屋を出るのかと思いきや水とってくれる黒崎くんカッコイイ

・水を顔にかけたのは顔を冷やしてあげるためと見た(ポジティブ)


・「見ないで!スッピン…」と言われ、「どんな顔だろうとお前はお前だろうが」と言った黒崎くん惚れるしかない。その後ちょっと照れてオドオドしちゃう黒崎くんカワイイ


・「とっとと飲め!ん!」の「ん!」がカワイイ


・ありがとうと言おうとして倒れちゃった由宇ちゃん起こしてあげる黒崎くん


・ピアノの音に「なんであいつが……」ってなってる由宇ちゃんに黒崎くんの良さを熱弁する梶ーーーーー!!梶可愛すぎるーーーー!!!!!!アイス一気に食べたからちょっと詰まらせちゃって胸叩くけどそれでも黒崎くんの良さ伝えたい梶


・名ゼリフ「黒崎くんがピアノを弾くときは伝えられない想いがあるから」

新宿舞台挨拶に行ったのですが、ここの梶のモノマネする健人くん面白すぎた(笑)(笑)


・中学生の頃梶くんいじめてた奴ら全員絶対に許さない(そこの回想シーンちょっと見たかった)


・ていうかここまでが1日なのやばい。この日波瀾万丈すぎだろ。


・バスケ✕岸=奏多で涙


・ほうき持ちながら歩いてる黒崎くんどんだけ掃除好きなの、バスケ参加しちゃうのもカワイイ


・芽衣子に勝った黒崎くんとハイタッチしようとしたけどしてくれなくて結局かけるとハイタッチする梶


・白河くんとのバスケ対決で「昨日由宇ちゃんと何かあったでしょ?」って言われて「別に」っていう黒崎くん。何その勝ち誇ったような「別に」(笑)


・黒崎くんが優位になると無意識に喜んでしまう芽衣子がなぜ今まで黒崎くんが好きだと誰にもバレなかったのか


・負けたけどやっぱり由宇ちゃん諦めないって言ったあと笑い合う白河くんと黒崎くん激かわいい本当にかわいいかわいすぎていみがわからないです、ていうか黒崎くんの顔面がめっちゃかわいいけど


・ここのMake my dayめっちゃ良い

・雷にビビる梶集作りたい。「黒崎くう〜ん><」「寄るな」「かけるう〜〜うああん」な梶。


・由宇ちゃんも震えてるけど雷ってそんなに怖い?


・停電後の黒崎くん……。あの一連のシーン誰か来ちゃうからと言う由宇ちゃんに「俺は困らねえよ?」ってセリフがめっちゃ好き超かっこいいそのまま進めちゃえばよかったのにみんな帰ってくるの早いよ


・俺のモノって印にキスマークつけちゃう黒崎くんかわいい。キスマークつけてるシーンエロすぎるのであと100万回くらい見たい

・梶が部屋に戻ってくるときに「あ〜もっかいなってほしいわ〜」って言ってるのかわいすぎて笑う


・遊園地に黒崎くんを誘う梶が誰よりも乙女でツライ

・白河「遊園地とか久しぶりだわ〜」梶「黒崎くんと行ったりしないの?」黒崎「(すかさず)行かねーよ」がじわる

・電車なんで4人のBOX席なの?!真っ先に座ろ座ろ!って言った梶が一人になるの許せん。黒崎くんなんで梶の隣に座らなかったの!!


・わたしなら絶対黒崎くんと遊園地行きたくないと思ったけど意外と楽しんでる黒崎くん

・撮影地となったよみうりランドはわたしの家から割と近くて小中学生の時に友達と始めて行く遠出はよみうりランドだったので妙に親近感湧いてしまってたまに現実的になる。
例、梶「ウワアアーー!☆なんだここ!!やっべえー!!テンション上がってきたーー!!」私「そんなに広くないしジェットコースターも普通だし特にすごくないよ」


・黒崎くんと白河くんが二人で空中サイクリング乗ってるのシュールすぎてヤバイ、梶は一人で乗ったの?


・ディズニーでいうダンボのやつ一人でめっちゃ張り切る梶が可愛すぎる。あのへんの演技はみんな素でおもしろい。黒崎くんも笑ってる(カワイイ)


・白河くんが手をつないで由宇ちゃんの手をポケットに入れるシーンで並んでいるのはアニマルコースター。幼児用の…アニマルコースター乗るの…?。と考えてしまうの辞めたい。

・休憩してるシーンの近くにカエルの超ミニミニヒューストンみたいな子ども用のちょっと上に上がって徐々に下にビヨンビヨンビヨンって下がっていく乗り物がめっちゃ楽しいから乗って欲しいっていつも思う


・トッポ食べてる黒崎くんこの映画一シュールかもしれない。インして間もない頃ZIPでトッポ食べてたのが流れたけどあれは裏だと思ってたらまさかの映画で使う場面だった。見るたび黒崎くんのことを思い出して買ってしまう。


・昼から夜まで梶を一人にしたのひどい!許さない!迷子センター行こうとしてた梶、みんなのLINE知らないの?一人で光るわたあめ買ったの?わたしと遊ぼう?


・絆創膏持ってる白河くんの女子力


・後ろから由宇ちゃん抱きしめる時の白河くんの表情よかった!


・黒崎くん、芽衣子と二人で何乗ったの?

よみうりランドアトラクションは普通だし古いし広くもないけどイルミネーションは本当に綺麗だよね(誰)


・一見由宇ちゃんを無理やり観覧車に乗せて無理やりキスしたように見えるけどキスする前に由宇ちゃんが嫌がればやめてたのでは。目をつぶったということはいいってことだよね。ずるいなあ由宇ちゃん。


・梶の話し聞いてから由宇ちゃんと観覧車でチューしようとずっと考えてた黒崎くん可愛すぎる


・乗ってから頂上までなかなか長いけど何してたんだろう

・このキスうまい、ちょっと震えてるのもかわいいなあ。アップもほしいなと思ってたら後からアップもあってよかった


・いつの間にか左手恋人つなぎになってた。愛だね。右手も恋人つなぎになってた!?

・深刻な場面でおしっこ報告する梶、いつもカワイイ梶(大ヒット御礼で本当に我慢していたと、岸が愛おしすぎる)


・白河くん達のところも合流した2人、「2人一緒だったんだ」って言われて由宇ちゃんが否定するのに黒崎くんは白河くんと目が合わせられないから嘘だってバレバレ、嘘がつけない黒崎くん純粋過ぎてつらい。


・黒崎くん帰るかと思いきや座った(笑)

・座るときジャケットバサってやるのは完全に中島健人。ロングジャケットは中島健人のために存在すると思ってる。


・その夜様子のおかしい由宇ちゃんを心配する梶。「梶くん……」と言った由宇ちゃんめっちゃ可愛かった、でも梶は特になにも感じていない様子

・でもこの後由宇ちゃんところに行ってしゃがんで「ん?どした?」って言ってあげる梶めっちゃかっこいい。リア恋。この映画で唯一梶がかっこいいところ。これは惚れるしか。(かわいいが大量すぎるため)


・「わたし淫乱なのかな…」「いっいっいっ淫乱?!!?って何……?」やっぱり梶が可愛すぎる(頭抱える)

・「もしクロと由宇ちゃんが付き合ったら僕もうクロとは無理かも」って白河くんずるい!!ここで登場する黒崎くんと白河くんの幼少期映像可愛すぎる


・朝、ピアノの音が取れなくて苦戦してる由宇ちゃんの手に自分の手を重ねる黒崎くん、ここめっちゃエロい。ここの黒崎くんの服装がめっちゃかっこいい。


・連弾で由宇ちゃんが入る時に指鳴らす黒崎くん。ここいつも劇場で笑いが起きる。でも声出すのは変だしこれが1番だよね(笑)


・黒崎くん、ドラマでは一緒に弾いたあと我に返って「なにやってんだ俺…?おかしいぞ…」って目がめちゃくちゃ泳いでたので無意識にって感じだったけど今回は泳いでいなかったからちゃんとした意志があってやったんだなと。ドラマとの大きな違いだよね。

・絶対服従期間終了切ない><由宇ちゃんが去ったあとの黒崎くんが><由宇ちゃんの前では真っ直ぐ見ていたのにここで由宇ちゃんが去ってから黒崎くんの目が泳ぐの><由宇ちゃんも泣いちゃう><


・由宇ちゃんが掃除しようと食堂に行ったけどもう梶たちがやってて……のシーンの梶とかけるの雑巾がけ競争がかわいすぎる。岸と岡山天音くんどんな感じだったんだろう?あれ見てたら仲良くなれたのかなと思うけどなあ、メイキングで見たい。

・後、ピアノに寝そべって黒崎くんが好きだって気づいちゃう由宇ちゃんの図がキレイだった。

・黒崎くんにおはようって言ったら「おう」って返してくれて嬉しくて泣いてしまう梶1000000000カワイイ


・「(むかつくけど)それとうちらの友情は関係ないじゃん」って芽衣子カッコイイ。わかってたんだろうな。

・しかしここの友情が育まれるシーンがないからか、どうしてもこの二人の友情の強さが伝わりにくいような


・屋上で白河くんと勝負すると決めた黒崎くんの表情良い。

・バスケ勝負シーン黒崎くんYシャツのボタン結構あいてる


・幼稚園のまりこ先生は黒崎くんのこと好きになったの?犯罪(笑)(そういう意味じゃない)


・白河くんの実家の犬に好かれる黒崎くん見たい


・「つまんねえこと言ってんじゃねえよ!!」の黒崎くんチョーーーーーーーカッコイイんですけど


・いきなり白河くん突き飛ばす黒崎くん完全にファウルだけど


・黒崎くん突き飛ばした白河くんも完全にファウルだけど

・ボールが入る前に映像が切れて紅葉の木が生い茂った映像に変わるんだけどこの木が生い茂って風に揺れてる感じがとても綺麗


・「押して、リセットボタン。押したら僕はもう君のことなんか好きじゃなくなる」って白河くんかっこいいねえ


・白河くんの背負ってた敗北感を背負ってくれる黒崎くんかっこいい。「んなこと言わせんなよ」の黒崎くんやばいめっちゃかっこいいかわいいかわいいかわいい(語彙力)


・「クロが勝手にいったんだろっ!」(肩ポン)「うるせーよ」って言ったあと笑い合う2人やっぱりかわいすぎる、2回目の肩ポンされた後の黒崎くんの顔めっちゃかわいい

・恋愛映画お決まりの最後は走るシーンキタ━(゚∀゚)━!


・寮に走ってきた時の由宇ちゃんの走り方が超絶ださいことに鑑賞5回目で気づいた


・電話で由宇ちゃんを公園に呼び出して「5分だけ待ってやる」って言った黒崎くん。言い方が小栗旬だった。


・芽衣子に行ってくるって言ったあと晴れやかな顔で「むかつく」って言った芽衣子に対しての梶ラストセリフ「あの〜言葉と顔が合ってませんけどお…」最後までカワイイ。


・わたしが芽衣子だったら展開早すぎてついていけない


・ラストシーンンンンンンンンンン最高すぎるので記憶の限り文字起こし。このシーン見るために今まで見てきたと言っても構わないし、ここのシーンだけで元値余裕で取れる


黒崎「おい!3分遅刻だ」

由宇「もう絶対服従期間は終了だって言ったじゃん!」

黒崎「前言撤回!絶対服従期間終了から無期限に変更だ」

由宇「(息が切れている)」

黒崎「赤羽由宇!!」

由宇「…はい」

黒崎「お前は俺のモンだ」

由宇「(キュン)」

黒崎「(ちょっと表情を穏やかにしてドヤ顔で)(←めっちゃかわいい)いや…お前は俺の女だ。返事は?」

由宇「………いやだよ!」

黒崎「(動揺)」(めっちゃかわいいめっちゃかわいいめっちゃかわいいめっちゃかわいいめっちゃかわいい)(なんでここで断られないと思ってたの)

由宇「わたし黒崎くんの言いなりになんてならない!」

黒崎「(動揺)(めっちゃかわいい)」

由宇「でも…好きです!」

走って抱きつく。抱き返す黒崎くん。

由宇「(離れて)あれ?照れてるの?♡」

黒崎「(動揺)(最初は嬉しそうな優しい顔をしているがすぐに目そらしてしまう)う、うるせー!見るんじゃねえよ!」

由宇「あ〜♡♡照れてるんだ〜♡♡」

黒崎「(顎くいをして)調子のってんじゃねえよ、キスするぞ?」

由宇「いいよ?♡」

黒崎「チッ…バカか(動揺)」(めっちゃかわいいめっちゃかわいいめっちゃかわいいめっちゃかわいい)


照れてまた離れてしまう黒崎くんを顎くいする由宇ちゃんーーーーーーーーーー!!!!!


由宇「大好き♡」

ここでチュー。由宇ちゃんからチューしたけどそっからスイッチ入って深めに持ってく黒崎くん……。黒崎くん……。ここ定期的に思い出して死んでます。バイト中思い出して死んでます。健人くんキスシーンほんとにうまくなった。ツライです。ツラくてツラくてたまらないけど何度でもみて苦しみたい。こういうキスシーン求めてた。無量大数点です。手の位置も絶妙です。好きすぎてツライ。


ここからがアドリブなんでしょうか?(死)



Make my dayが流れると同時にチュー離します。離し方もカワイイ。離したあとに黒崎くん「ん♡」って満足そうな幸せそうな黒崎くんの顔と言ったら。この「ん♡」がめっちゃかわいいすき。
そして再びお姫様抱っこして黒崎くんからチュー。花男以来のお姫様抱っこチュー。たまらんな。好きすぎてどうしよう。中島健人が黒崎くんを演じる上で道明寺を少し手本にしてて、だから最後お姫様抱っこチューしたのかなとも考えられる。(追記 雑誌spoonで花男見た発言来ました。絶対ここからは花男参考にしてる)ここがアドリブかわからんがお姫様抱っこで1回転したのは絶対アドリブと見た。中島健人天才。


黒崎「もうすぐ門限だ」

由宇「あはは、じゃあ降ろして〜!」(←?)

黒崎「だめだ♡降ろしてくださいだ♡」(語尾にハートついてる)

由宇「降ろして…ください…」

黒崎「ふふっ♡いい♡」

降ろす。由宇ちゃんが黒崎くんの手を引いて階段を駆け上がる。

黒崎「おい!(笑)♡なんでお前が先に行くんだ!♡お前は俺の奴隷なんだぞ!♡(笑)勘違いするなよ!♡」

由宇「こっちのセリフだーー!!」



〜Fin〜



苦しい。アドリブなので中島健人感が強い。笑い方とか超中島健人ですよね。本当にかわいい。可愛すぎて本当につらい。黒崎くんも由宇ちゃんもなんでこんなにかわいいんですか。最後のお姫様抱っこのシーンアドリブとか天才すぎませんか?こんなかわいいやり取りこの世にあったなんてこの世はまだまだ捨てたもんじゃない。
あと、終わったあと苦しみすぎてまだちゃんとエンドロールの中島健人の文字見れてないんです。4回目でやっとちゃんと中島健人の文字が現れるところから見れました。(笑)
今すぐにリピしたい!と思うシーンが満載で早くDVD欲しい。家でギャーギャー言いながら見たい。


Make my dayがまたいい味出してる。イントロのギター?の音超いいし、テンポの良さと気持ちよさが映画とマッチする。ふうまくんのソロパートが流れるとなんかハッとなるし、最後のサビの健人くんの「君が好きさユメーイクマーイデエエエーーーーーーーイ!!」があの音量で聴けるのがとても良い。はあ、なんでシングルじゃないの…。PV…。エムステ…。(いつまでも根に持つ面倒なおたく)


ていうか、こういう普通の恋愛映画を中島健人がやったという事実まじ泣ける。高校生の恋愛モノで学園の王子設定って誰もがやってほしい役だと思うんです。わたし若いころの櫻井くんに制服恋愛モノやらせてくれなかったのほんとに恨んでます。健人くんに関しては大満足でしかない。最初黒崎くんをやると聞いた時は白と黒、圧倒的に白の人間だからちょっと不安なところもありました。でもそんな心配全くいらなかった。最高でした。


そして岸くんが思ったより出番が多くてとってもいい役だった!!本当にぴったりでした。梶のシーンはいつも笑いが起こって。シリアスなところも笑いを提供してくれて場が少し和みます。別に岸くんのこと好きじゃない櫻井担の友達が見ながら映画中突然「岸、食べちゃいたい……」と呟いた時はびっくりしました。わたしも岸、食べちゃいたい。本当にぴったりの役だったなあ。梶の中学時代から恋するまでのスピンオフください。今までは岸のファンではありませんが岸のことを知ってる子たちと見に行っていたのですが次は岸のことを知らないであろうリア友と見に行くのでその子が終わったあと岸に対してどう思うのか楽しみです。


追記 リア友と見てきました。梶が一番好きだそうです。梶が1人でわたあめ持って再会できたシーンで飲んでた紅茶吹き出しそうになってそこから2分くらいずっと静かに笑っていました。やったね!岸くん。


エロキュンって最初に言われ始めた時は「エロキュンとは?wwは?ww何なのww」って感じだったんだけどいざ見てみたらああこれはエロキュンだ…って納得できました。あれは胸キュンではありません。エロキュンです。まあ中島健人担当からしたら色んな感情が混ざってエロギュウンくらいになってしまうけど。完全に映画の虜ですね。


ところでどうすれば、何をすれば中島健人とチューできるのでしょうか?友達と話しあった結果、小松菜奈ちゃんは前世でノーベル平和賞をとったのではと言う結論に至りました。わたしも慈善活動始めたほうがいいのでしょうか。マザーテレサレベルの。


夏の終わりに発表されたこの黒崎くんの言いなりになんてならない、この映画見る日を楽しみに楽しみに生きてきて、番宣雑誌買うのももテレビ見るのも奇跡的に当たって行った公開直前イベントも楽しくて自担の映画公開前ってこんなにも楽しいんだと思いました。櫻井くんの映画は映画自体があまり……というものが多かったのでここまで気合入ってなかったんですけど、黒崎くんは本当に全力で楽しんでいます。今も。健人くん自身も本当に楽しそうで!他のキャストとほんとに仲良しなのもよーく伝わってきます。

小松菜奈ちゃん最初決まった時はそんなに顔が可愛いとも思ってなかった(近キョリ恋愛のドラマ信者過ぎて映画が受け入れられなかった)し身長ももう少し小さいほうがいいなって思ってたけどもう今は大好き!菜奈ちゃんで本当によかったよー!健人くんの変な()ところにも冷静につっこんでくれてでもノッてくれるの。ほんとにありがとう!!(誰)舞台挨拶とかでメディアが入ってる時には小松さんって呼ぶのに入ってない時は菜奈ちゃんって呼ぶ健人くんが好きでした。


ばーちーは健人くんが重岡以来の波長の合う人かもって言っててなんか嬉しかった。健人くんにとっての重岡に近づく存在ができたというのはなかなかのもんだ
ぞばーちー。ばーちーって呼び名が気に入っているのか、やたらばーちーって呼びたがる健人くんちょっとしつこいところ愛情表現がストレートでかわいい。

同じく岸のことをやたら優太って呼びたがる健人くんも愛おしくて。岸はSexy Zone(ふまけんしょり)に愛されすぎな。いや、Sexy Zoneだけじゃない、国民に愛されるべきだ。


ピアノのシーンは健人くんのソロコンを見た黒崎くんスタッフが提案した設定だということで、自分の特技がこうやって仕事に活かされるって本当にすごいことだと思います。全ては繋がっているんだね。この映画見た人全員にここはほんとに弾いてるんですよ!ってこのエピソード話しまくりたい。これからも健人くんにたくさんの良いお仕事が入ってきますように!



総じて、黒崎くんの言いなりになんてならない最高でしたー!お金払うからみんか見に行ってよって言いたいくらい。今漫画買おうか迷ってます。エロキュン最高!!本来見に行こうと思っていたより多く見に行こうと思います。楽しい!映画館通うの楽しすぎる!早くまた見たーーーい!

Japonism〜和テイストが嫌いなジャニヲタなんていない〜

ジャニーズ


嵐 LIVE TOUR Japonism 名古屋、札幌に参戦してきました。


遅ればせながら感想を。



わたしにとってのJaponismはこれでおわり。今とてつもないJaponismロスに襲われながら何とか生きています。
去年は入ってないからツアー入るの2年ぶりで、本当に良かった。


何が良かったってまずわたしはずっとずっとジャニーズが表現する「和」が大好きで、嵐が初めてドームでやった凱旋公演のRight back to you とか去年のガムシャラでやった殺陣とか超好きで、ジャニーズWESTの初ライブツアーのオープニングに着てきたキラッキラの着物の衣装とかほんとに羨ましかった。

そんなわたしからすると待ってました!な和テイスト。良くないわけがない。



オープニングはSakuraだったのですが、Japonesqueで登場して「きみっとなっら〜」の後に特効が出てくるところまで想定していたので外れました。JaponesqueでなければSakuraだろうなと思っていたから半分当たりってところでしょうか。長い布が落ちて嵐が現れる。櫻井くんは安定のかっこいいんだけどJがかっこよくてびっくりした。前髪ある方が絶対にいい。もう何回もコンサートには行って嵐に会っているはずなのに毎回「あ、ほんとにいたんだ…」と思います。


札幌の最初の挨拶では櫻井くんは全3回必ず札幌ドーム特有のあの超天井エリアを呼ぶ。挨拶の後トロッコなどでそのあたりを通る時も絶対あの超天井エリアに向かって手を降るし何ならスタンド40列とかより全然いい気がします。わたしもどうせならあそこ入りたいって思いました。一緒に行ったJ担、智担のおばさま方は全くそんなこと思ってなかったので櫻井担特有の感情らしいです。



そんなJaponism(?)、見どころを翔くん中心に箇条書きでかいていきたいと思います。




①はじめの映像のアニメーションの翔くん。

このアニメーション、一番初めに声を発するのが翔くん。「どうじゃ、美しかろう」翔くんは大前提としてイケボなのでこの声まーーじかっこいい。高まる。


しかしわたし的にはオープニングは1人1人がクローズアップされて「ギャーーーーー!しょーーくーーーん!」となるくだりが欲しかったなと。やっぱりオープニングはLOVEが1番!




②miyabi-nightの気合いモリモリの翔くん


札幌2日目に特に感じたのだけどこの曲の翔くん相当気合い入ってます。
振りが大きい。櫻井くんの後ろについてる振りが大きいで定評のある宮近に負けてない!!



③青キミで頑張って踊る翔くん


札幌2日目、櫻井くん何となくいつもよりmiyabi-nightとか振りが激しくて気合い入ってんな?!と感じたんです。そしたら青キミがさっきのmiyabi-nightは見間違いだったのかってくらい振りが小さかったんですよ。どうしたんだろうって思っていたらMCで謎は解決されました。翔くん、高いところ怖くて振り小さくなっちゃってたなんて(;;)可愛すぎる。33ちゃいおじさん可愛すぎる。翌日の青キミでいつも以上に翔くんのことを凝視していたのですがちゃんと足は上がっていたし、Jに指摘されていた最後の交差するところも内側ではなく外側を通っていました。双眼鏡でガン見しながら「可愛い…可愛い…」と心の声が漏れていました。翔くんよくできまちた♡♡残り公演も頑張ってね♡♡



④make a wishを歌う翔くん


何か特記するほどでもないかと思ったんだけどこれ歌う翔くんほんとかわいい。(語彙力)「なにか捨てなきゃ重量オーバー」の時の翔くんの声とか大サビ前の智と歌う「心の中にある道標〜」の時の声とかほんとに好きだ〜〜。昔に比べて圧倒的に柔らかくなった声で歌う爽やかな曲ほんとにいい〜〜。


【番外編①二宮ソロ】


にのちゃんのソロ曲は感想の前に、ひとつ。にのちゃんはこの前の曲(make a wish)の途中でハケるのですがハケる時花道の横の階段から降りて行くんです。花道降りたらもう照明あたっていないんだけどいつもにのちゃんその近くのアリーナ数列の人たちに手降ってから去っていって。あそこ超良い!!二宮担ならセンステ最前よりもメインステ最前よりもハケ口最前が1番いい!!確実に手降ってもらえるし照明あたってない時にもアイドルがアイドルしてる姿がわたし超好きです。ちなみに翔くんは右手を上に突き上げてからハケていったりすること多い(笑)

曲のダンスもほんっとうにかわいくてあの棒ただの棒じゃなくてなんかシンデレラのビビデバビデブーのステッキに見えた(よくわからない)すごくキラキラしていたということです!間奏から始まるリズムゲームの音が今でも頭から離れません。MUSIC聴くとわたしの脳内で二宮くんステップ踏み出す。




⑤インザルームの帝王感


翔くん昔「帝王」ってめっちゃ呼ばれてた覚えあるけどインザルームすごかった……。足組んで椅子にのけぞりになったりほんとに入ってて……。曲に入り込みすぎてやばくなる人大好き芸人なのでたまんねえ……。Face DownのPV思い出しました。途中後ろ向いて片足だけヒョイってあげるところがあったんですけどそこもたまんねえっす。全体的に官能的たまんねえ。
Jのソロの流れからのインザルームすごく自然でインザルームのイントロがものすごいいやらしく聞こえました。めっちゃ興奮する。



⑥マスカレードかっこ良すぎ

衣装!!!!演出!!!!!ダンス!!!!!すべて最高!!!!!マスカレード=仮面舞踏会ということで少年隊感が半端ない。スタンドマイクで踊るのも少年隊っぽいし大サビで両ひざついて踊るのも少年隊。最後の水を吹くのは沢田研二の真似らしいです。(J担、大野担の叔母さま情報)途中で帽子を脱いで投げるんですけどわたし帽子脱ぐ動作
大好きなので双眼鏡凝視。
1番スタンドマイクで踊って2番のサビは下手側で普通に踊るんですけどここの振りめっちゃ好きで!!!!!あ〜〜〜〜〜ほんとにかっこ良かった〜〜〜〜〜〜〜もっかい見たい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




⑦愛を叫べの櫻井翔のためだけにあるあの瞬間


愛を叫べ、最後に一列になって1人ずつカメラに抜かれていくところがあります。それ翔くんいつも最後なんですけど日を増すごとにそこでのサービスがレベルアップしている気がします。名古屋ではそんなにインパクトなかったはずなのに札幌であの人投げチュー入れてきたのです…(震)わたしおったまげました…(震)札幌3日間のうちならわたしは1日目のものが好きです。1日目はちょっと溜めた感じの投げチューで死んだんですけど2日目はPerfumeが嵐ちゃんに来た時にやっていたようなお上品な投げチューで、3日目は人差し指と中指をチュッとして天に捧げるような、よくやるやつでした。あそこ、絶対これからもっと進化して行くと思うので櫻井担は覚悟したほうが。現に京セラでエアチューみたいなの3連続したというレポ見たので、東京の頃には恥を捨てた本気の投げチューとかしてくれたりするのではと考えています…。見たい…。



⑧君への想いのモニターとラップ

この曲モニターの映像がとてもよい。5✕10の明日の記憶を彷彿とさせる5人の、ジャニーズの歴史が映されます。最初一番古いグループ、ジャニーズから名前が順に出てきたのでこれはSexy Zone来る?!と思ってなんだかワクワクしていたらの前のKinKi Kidsで止まりました(笑)一人一人の誕生日がうわーーーっと流れていっ最終的にみんな1999年11月03日でとまるところはマジ涙。揃った(;;)
最後は15年振りにハワイのあの場所で撮った写真。
そしてわたしこの曲のラップの声がすごく好きでいつも聴き惚れてました。このラップ歌ったあとすぐにソロのためにはけていく翔くんの後ろ姿がなんか曲にマッチしてて倍よかった…。



櫻井翔ソロ Roling days

まじ涙(;;)翔くんがファンカッション(;;)パンフとかではファンカッションと言わずにドラムラインと言っていましたがやっていることはファンカッションとほとんど変わらなかったと思います。
昨年嶺亜ちゃんがチーム者で披露したあのファンカッションを、紅白とジャニワで健人くんが披露したファンカッションを櫻井翔が!やっている!!
わたしはジュニアの担当としてガムシャラでジュニアがこのファンカッションに苦戦している姿をたくさん見てきました。このファンカッションがどれだけ難しいことなのかというのある程度はわかっているつもりです。不調の日はほんとに悔しくて泣いちゃったり機嫌悪くなっちゃうこともあるんです。まあこれは若いジュニア特有だとは思いますが(笑)それを、翔くんがやっていました。ジュニア達が約1ヶ月半、一生懸命練習して完成させたファンカッションをいったい翔くんはいつからやっていたのだろう?どれだけ苦戦したのだろう?もしかしてガムシャラの先生と同じ先生から教わっているのだろうか?とたくさんの疑問とそんな難しいファンカッションを時間がない中あれだけのクオリティーで披露した翔くんがすごすぎて泣きそうになりました。太鼓叩くだけなら簡単そうに見えますが、叩くまでも大変で、手首の動かし方を身につけないといけなくてジュニア達は手首の運動から練習が始まったくらい。
ほんとに感動して、「翔くん、すごいよ……すごい……」とずっと思って見ていました。もちろんペンライトは放置です。
最後のサビジュニアと一緒にやる場面はほんとにジュニアも大変だっただろうなと思います。ありがとうね…。(誰)1回間違えちゃうとパニクってわからなくなるんです、複数の人数でやってるとなおさら。私が見た公演はすべて翔くん完璧で(京セラで落としたと聞きましたが)ほんとにすごい。ひたすら感動しました。あと最初メインステで1人で叩いたあと前髪をブワーッとかきあげるのめっちゃかっこいいよ……。

ただ曲と合っていたかどうかという件については伏せます(笑)(笑)あんなにかっこいいガツガツした曲だったので踊って欲しかったという気持ちも捨てられませんが(笑)せめてラップは叩かなくてもよかったかなーなんて思います(笑)あとこの後のMR.FUNKの印象が強すぎて他担にとってこの翔くんソロの印象薄れてるんじゃないかと心配です(笑)二度も相葉さんの強すぎるソロと櫻井くんのソロ並べるのやめてください(笑)


でもよく頑張ったよ!翔くん!この後の公演でも頑張ってね!終わったらエピソード聞かせてほしいです。



⑩Bolelo!で張り切りすぎてる翔くん

こちらオーオーオオーオオー♪というペンライトをぐるぐる振り回すところがあります。そこでの翔くんといったら。最初は手を回していただけなんですけど途中から被っていた帽子脱いで降り出します。(この衣装かっこいい、最近また翔くんに帽子着させる衣装さんナイスです。)なんか完全に自分の世界入っちゃって1人で楽しんでます。(愛しい)サビの最後の「Bolelo!(hey!)Bolelo(hey!)」のところは足突き上げて超ノリノリです。(愛しい)この曲はノリノリの翔くんを見て愛しさを爆発させる曲です。



⑪Japonesqueかっこ良すぎ__†__

わたし和装が大好きで。最初にも書いたように好きすぎて何度も何度も羨ましいっていってたんです。今回テーマがJaponismに決まって真っ先に思ったのが「和装が見れるかもしれない…!」でした。
それが、ついに、その夢が、叶いました涙涙涙涙涙涙涙、第一声は「着物オオオオオオオオオ涙涙涙涙涙涙涙」でした。しかもほんとにいい着物…………。かわいすぎる…………。わたし宮城の愛を叫べのお花いっぱいアイドルスーツだいっすきで歴代一位更新したんですけどこの着物も同率一位獲得です。そして翔くんはなで肩なのでダントツ1番この衣装が似合います!!♡♡ごめんなさいそんなに他のメンバーのじっくり見ていないんですけどね♡♡!!
振付もめっちゃ和で、傘を使ったり着物の袖を利用したり本当にわたしの大好きなものばかりが詰め込まれていてツライ。良すぎてツライ。最初の「ラッチャッチャーラッチャラ」の部分での腰を左右に動かす振りが好きすぎてツライ。ツライ。ツライ。とにかく良い。言葉出ません。早く映像見たすぎてツライ。




【番外編②最後のモニター】

見どころというほどではないのですが本編終わったあとのモニター映像がとっても素敵で大好きです。嵐がデビューした1999年11月3日から時間が流れていって今その瞬間の時間になるんです。秒数まできっちり。今同じ時間を共有しているんだなって思うと本当に感動します。そして昨日より長かったな、短かったなって確認する場所でもあります(笑)(現実的)



⑫A・RA・SHIのラップのコールアンドレスポンス

このコールアンドレスポンスをちゃんとやったファンに対してカメラ(モニター)に向かって丸をしてくれます♡♡翔くんが褒めてくれます♡♡嬉しい♡♡ありがとう♡♡翔くんのためなら声が枯れても構わない♡♡しかし二宮氏が翔くんの背後に訪れ、ちょっかいを出すとやってくれません。二宮氏とイチャイチャしています。それもそれでかわいい。(結局)




⑬ディスコスターバイバイ翔くん

もうアンコールラストです。(飛んだな)ディスコスターバイバイどんだけ好きなの。かわいい。はあ。かわいい。




以上です。全体を通して翔くんほんと可愛いです。好きすぎて困ります。


コンサートの総評としては昨年よりは全然よかったと思います。昨年は参戦していないので現場の雰囲気等はわかりませんが、映像見ててもそう思いました。なぜなら昨年の前半はアルバム曲メイン、後半は15周年メドレーという流れはあまり良くなかったと思っているからです。前々から15周年は特に意識しないと言っていたのにいやバリバリ意識しちゃってるじゃん!!と。「ハワイに来れなかったファンのために」という精神はいらないかな、映像で見るからいいし、ツアーなんだからツアーが見たい。と思いました。事実上のアンコールがないというのも好きじゃないなあ。やっぱりアンコールの嵐コールしたいので。他にも色々思うことがあるのですがそれは省略で。でもLove WonderlandとTell me whyとTRAPとはめっっっっっちゃすき。(笑)



和テイストが好きすぎる私にはもってこいのツアーでした。しいて言うとすればアンコールのセトリがユメニカケル以外いつもどおりすぎるとか。



全体的にコンサートという名の舞台という感じがしました。ソロで言うと翔くん、相葉くんのはジャニワでやってるものに似てるし、智は自分のやっていたKYOTO KYOや滝沢歌舞伎っぽかったし、二宮はプレゾンぽかったし、Jはよく知らないけど海外舞台でありそうだなって感じました。途中からわたしジャニワ見に来たっけ?って錯覚しました。それは嘘です。
どれも「ジャニーズっぽい」というのに適したものだったと思います。そもそも「和」というのもジャニーズはこれまでもよく取り入れているもの。
これぞジャニーズ!!っていうのを表したかったというコンセプトぴったりだったと思います。



とりあえず早くマスカレードとJaponesqueの映像が見たくてウズウズしています。早くツアー終わってくんねえかな(笑)




はあ〜~~~~~~~~~やっぱりどうしようもなく櫻井翔が好きだ!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

宮城総括〜Hip pop Bogiee編~

ジャニーズ



嵐 BLAST in Miyagiから1週間が経った。
わたしは前半19、20日に参戦したがそこに至るまでの経緯は大変なものだった。
ここには宮城の総括を記しておこうと思う。



叔母(J担)と叔母の友人(智担)とわたしの友人(櫻井担)での4人での参戦だったためホテルの手配とシャトルバスの確保はわたしが行ったが新幹線の手配だとかはやっていただいたしただの遠征ではないので大人が2人一緒にいることは非常に心強かった。しかしそれでも色々とバタバタしていて、ホテルのある岩手県方面に向かう新幹線に待ち合わなそうになったり、コインロッカーが空いていなくてあの砂利道をキャリーバックをゴロゴロしながら歩くことになったり、2日目はカラオケでオールしたのだが(大人2人はV6コンのためその日のうちに帰宅)どこのネカフェもシャワーが4時間まちなどで入れなかったり、、、。



しかしわたし本当に櫻井くんに甘い簡単な女なのでそんなことも櫻井くんの顔を見ただけで「もういいや」となってしまう。わたしはこの人の輝いている姿を見るために頑張った。よかった。よく出産の時の話として産む時はめちゃくちゃ痛いけど産まれてきた赤ちゃんの顔を見たらその前の痛さなんて忘れてしまうという話を聞くが、今回のコンサートはそれと似たような感覚なのかなと思った。


中でも櫻井くんソロ曲「Hip pop Bogiee chapterⅡ」はすさまじい力を持っていた。ソロ曲があるということは事前にわかっていたので櫻井くんは何を歌うのだろうと胸を踊らせていた。私たちの予想としてはこのままもっとだった。しかしあの衝撃的なJの空中浮遊ソロの次に流れたのはHip pop Bogieeを歌う櫻井翔だった。フードをかぶって超絶かっこいい。わたしはフードが大好きなのだ。すると画面にchapter Ⅱと出た。わたしは絶句した。即座に「これはやばいやつだ」と察した。ペンライトを持ったわたしの手は動かなくなり、ただ呆然と櫻井くんを見つめ、歌を聴いていた。周りが\Yeah/と盛り上がっている中わたしと友達は動かなくなった。2日目はもはやペンライトはイスに置いた。






「かっこ良すぎる」





今まで何度も何度も思ってきたことだけど改めてそう思った。この曲は櫻井くんの社会に対する反骨心だったり、これからの未来に対する気合いのこもった決意がこもっている曲だった。しかしchapter Ⅱは違った。「私たちファンへの感謝」が込められていた。


『この景色はみんなのお陰 ここまで連れてきてくれたなんて』

今までこの曲には入ってなかったはずのファンへの感謝を突然入れてきた櫻井くんずるい。






『栄光へとまだマイペース 磨いてる未だ磨いてる』

櫻井くん、もう十分すごいところまで来ているのに、国民的アイドルと言われるまですごいところに来ているのにまだ高みを目指している。まだ、もっとやれるって私たちに期待を持たせてくれている。以前、櫻井くんと智とシゲアキさんの対談番組でシゲアキさんが「後輩たちは嵐の背中を追いかけますよ」と言ったのに対し櫻井くんは「いや、全力で逃げ切るよ」と言った。わたしはSexy Zoneには嵐を超えてほしいと思っているが超えられず逃げ切る櫻井くん(嵐)と言うのもかっこいいし、ん〜~どっちもいいなあと思ってしまう。矛盾女だ。この歌詞からは「全力で逃げ切る櫻井くんの覚悟」がたくさん聴き取れる。逃げて、まだ上にいく。世間的には嵐はもうトップの位置にたどり着いているのかもしれないが本人達はまだトップになったなんて思っていないだろう、まだ彼らの夢は途中なのだ。トップへ、栄光へ嵐らしく櫻井くんらしくマイペースにわらわらと進んでいくという歌詞が眩しい。





『立ち止まれば一生終了』

そこまで言う?!櫻井くんは立ち止まったら一生終了(=死んで)してしまうの?!なに?!ここまで言う人いますか?!絶対に立ち止まらないってことじゃん!!櫻井くんはきっとずっとずっと立ち止まらず自分を磨いていく。おじいちゃんになっても立ち止まらない最強おじいちゃんになるんだろうなと思った。あ〜~かっこいい。





他の方のブログを読んでいて

『なんか違うと思わないか あんな大の大人が 罵り合い大会なんて僕らは見たくないんだい』だった部分が

『なんか夢があると思わないか こんな大の大人が こんなに大きな愛抱いたり 願いたい夢また抱いたり』

と大きく意味が変わっているというところに気が付かされた。一言で言うと「こんなダメな人がいる世界」から「こんなイイ人がいる世界」を表す歌詞に変わったということだ。
櫻井くんは最近自分と自分の周りを取り囲むものとの壁が薄くなったと思う。故に社会に対する考え方も変わっていっているのではないかな。やわらかくなった。それがこの歌詞によく表れているのだと思う。パッと見ただけじゃわからないけど翔くんも人間だから、常に変わっていっているんだね。




歌っている時のスクリーンの歌詞の出方もかっこ良くて、以前までの歌詞と今回の歌詞が照らしあわされるようになっていて粋な演出だった。また、アラフェス2013でもあったように間奏部分で突然ロックなダンスをするところがあって、超かっこ良かった。(だから語彙力)翔くんソロでガシガシ踊るのって珍しい気がするのでああいうのは嬉しい。次のソロガシガシ踊るやつがいいな〜。




わたし、文章が下手なので同じことを何回も言っていたりわけのわからないところがたくさんあるんだろうなと思うがそれでもいいや。
長くなっしまったのでこれを宮城総括①〜Hip pop Bogiee編~として、次の記事、宮城総括②にて他の感想を書こうと思う。




あ〜~櫻井翔かっこ良すぎる(9417158426回目)これからも櫻井くんずっとLOVEだわ……。

Love Ken TVに行ってきた

ジャニーズ


Summer Paradise Love Ken TVこと中島健人くんソロコンサートに行ってきた。


ソロコンサートというものに行くのは初めてで緊張して行きの電車でお腹が痛くなった。コンサート前にお腹が痛くなるのは初めてだった。会場入りし、席についてからもお腹は痛くて、更に手までかすかに震えてきてしまって、なんでわたしあんなに緊張していたのだろう自分が出演者なわけでもないのに(笑)緊張しすぎて何度も何度もTwitterのTLを更新するという無駄作業をして心を落ち着かせようとした。


健人くんはジュニアマンションの最上階に現れた。眩しすぎる。健人くんはどの曲を歌っていてもずっと眩しかった。存在自体がキラキラしていて宝石みたいで、まるでわたしが宝箱の中に入ったような、そんな気がした。


わたしは健人くんの歌声が世界一好きだ。ものすごく美声ではなくても甘くて優しくて一生懸命で時折キュンとしてしまうような、そんな声。だからどの曲のどの部分も健人くんの歌声で聴くことができてとても嬉しかった。健人くんは曲に入り込むのがとてもうまいから歌声と一緒に表情も素敵で。視覚聴覚から大好きな健人くんだけを感じることができてなんだか幸せで何度も涙が出そうになった。Star Timeを歌う前、健人くんは自分のジュニアの時の話を少ししてくれた。目立ちたがりやで山田くんの後ろから少しずれてテレビに映ろうとしていたことや、とにかくデビューがしたかったこと、わたしは健人くんのジュニア時代をよく知らないがそんな後ろで頑張っていた健人くんが今こうしてソロでコンサートをして立っている。ジュニアの健人くんに伝えたいと思った、今この瞬間あなたはこんなにも輝いているよと。


健人くんのチラリズムはこれはもうものすごい破壊力だった。あんなにいつもキラキラしている王子様が「だからもうちょっと下心出して♡」と超ぶりっこな振り付きで歌っているのだ。「本能と煩悩は我慢できない〜♡」で股間を抑えながらこの世で一番かわいい顔をして歌う健人くんはもう尊すぎてなんかもう死んでもいいとさえ思った。かわいすぎた。本当に本当にかわいすぎた。わたしが死ぬ時はこのチラリズムの映像を見てから死にたいと思ったし、この映像と一緒に埋めてくれとまでも思う。だからぜひ映像化してほしい。もし映像化しなかったならばジャニーズ事務所の前で「チラリズム映像化希望デモ」を起こしたいくらいだ。それくらいかわいかった。


MCは1人でやっていたため本当にデートのようだった。いつものツッコんでくれる人や一緒にふざけてくれる人がいないからひたすら健人くんが話してこちらが反応してという繰り返しだった。健人くんがなにかトンチキなことを言ってもツッコまれることなく、ファンは、いや間違えた、彼女たちはすぐに「かわいい〜♡♡」と言うから健人くん自身も少し戸惑っているように見えた。歯を食いしばって「シ〜~〜////♡」と照れる健人くん。それすらもかわいくて愛おしくて仕方なかった。だって、水を飲んでいるだけでかわいいと言われるなんて本人も想定していなかったでしょ?


チラリズムの他にもう一つすごく好きな曲があった。Sexy Zoneのレディースパイシーだ。この曲は発売時から人気が高く、コンサートでの披露を期待されていたが歌われず悔しがるヲタ達を知っていたのかのように披露された。前の曲がスタンドマイクだったのでレディースパイシーの冒頭「目と目が合うたび絡まって〜」の辺りはスタンドマイクに手をかぶせるようなカタチで歌っていた。わたしはこの歌い方が非常に好きで興奮した。どこかいやらしくて好きだ。スタンドマイクを片付けた後は、踊りがあった。ここも最高だった。セクシーで健人くんの長い足を大いに利用していると思った。踊っている最中健人くんの足が長すぎてびっくりした。これもぜひ映像化してほしい。


ふうまくんにはなかったが健人くんにはSexy Zoneのシングルメドレーがあった。Sexy Zoneの曲を歌わず、最後の最後にSexy Zoneぶっこんでくるふうまくんと対照的にメドレーを入れてくる健人くん。どこまでシンメなんだ。二人の違う形でのSexy Zoneの愛し方に勝手に感動してしまう。このメドレー以外はみんなの彼氏中島健人だったが唯一このメドレーではSexy Zone中島健人になる、健人くんもわたしたちもだいすきなSexy Zone。今でも問題山積みなSexy Zoneだけど健人くんはSexy Zoneを誰よりも良くしようとしている、Sexy Zoneという名を広めようとしている。健人くんなりのSexy Zoneの愛し方守り方を見たような気がした。


最後の曲、ディアハイヒールの前にスクリーンには健人くんの小さい時の写真から今に至るまでの写真が映し出された。こうして普通の男の子だった少年がジャニーズになり今この場所に立っているんだな。と思うとまた涙が出てきそうになった。それが終わると健人くんが登場の時と同じように薔薇のブーケをもって立っていた。かっこ良すぎるよ。「僕がこんなに頑張れるのはみなさんの笑顔が大好きだから。その笑顔が見たいから。」と言った挨拶をした健人くんは最後に「もう、離さない。」と言ってピアノを弾き始める。離れるわけない、健人くんがこんなにも素敵な人なのに離れるわけないよ。強い眼差しで言った健人くんはちょっと触ったら壊れてしまいそうで、泣いてしまいそうで、いつも健人くんの背中は、心は大きく見えていたはずなのにこの時はやけに小さく見えて、「大丈夫だよ」って言ってあげたくなった。実際オーラスでは泣いてしまったところだ。わたしが健人くんを支える、ずっと好きでいる。そう思った人はたくさんいると思う。一番をピアノで弾いた後二番はブーケを持ってピアノに寄りかかるように歌った。もう本当に健人くんかっこいい。


本編が終わりはけていった健人くんに健人コールが起った。わたしは健人くんを神のようなわたしとは違う身分にいる王子様だと思っているから健人と呼び捨てにすることができず、いつも健人くんと呼んでいる。そのため慣れない健人呼びで健人っ健人っというコールにノるのは難しかったが頑張って呼んでいると健人くんは出てきてくれた。白いフードをかぶって健人くんは新曲を披露してくれた。今までのラブソングの中でも盛大なForever L。ピリオドのない愛、健人くんの目指す永遠の愛がテーマになっていた。健人くんの言葉選びはいつもキレイで、「涙を虹にしよう」なんていうのは健人くんらしい。涙という悲しいものも健人くんの手にかかれば虹という素敵なものになれる。健人くん、すごい。


健人くんは今回のソロコンのことを一度もコンサートと言わなかった。最初から最後までずっと「デート」だと貫き通す。わたしもデートのつもりで今できる精一杯のオシャレをして化粧をして髪の毛を巻いてTDCに行った。最後、健人くんは「この後、みんなの家に行くね♡またね♡」と言って、階段を両足でジャンプして軽快にはけていった。まるで今日のデートがうまくいってルンルンしながら帰っていく彼氏かのように。実際に内容もそのデートと言う名に全く恥じないようなものだった。健人くんがステージに立っている時、いつでもそこは愛で溢れていた。健人くんから発せられるわたしたちへの愛と、発せられる健人くんへの愛。2つの愛がTDCいっぱいに広がって甘くているだけで幸せな気分になれる。ラブホリマジック。健人くんは単に甘い言葉を連発するラブホリ王子様ではない、新しい愛の形を生み出すことができるみんなのかつわたしだけの王子様だ。よくテレビなどメディアでは健人くんのことを王道ジャニーズだというが、この王道をここまで貫ける人はなかなかいない。王道といいつつでは健人くんのような人がジャニーズに他にいるかと言ったらいない。(本人も言っていたようだが手越は健人くんとは少し違うような気がする。)


健人くんの愛を生み出す力、何事も全力で楽しめる力、抜群の表現力、健人くんにしか作り出せない世界観、すべてがいっぱいに詰まったものこそがLove Ken TVだ。ポニキャお願い、なんでもするからどんな売り方でもいいから映像化してくれ。健人くんとの最高のデートをこの後ファンになった人、行くことができなかった人にも体験させてあげてくれ。
もうわたしはこのデートより素敵なデートがこれから先できるわけないと思うし、望んでもいない。誰がなんと言おうとこれはデートであり、間違いなくわたしの人生で一番のデートである。わたしは今まで、なんでもっと早くSexy Zoneのファンになっていなかったのだろうと何度も後悔した。しかしソロコンの前にファンになれたことは本当によかったと思う。櫻井翔のソロコンはファンになる前で、行けていないのでなおさら思う。


健人くん本当に最高の時間をありがとう。全6公演お疲れさま。無事に終わった時に出た涙はまさにイルミネーションのようにキラキラしていて世界一美しい涙だと思う。健人くんは誰がなんと言おうと世界一の担当だ。今すぐそこら辺を歩いている人に中島健人という天才について自慢して歩きたい。だいすき。だいすき。だーいすき!

わたしのジャニヲタ史

ジャニーズ

突然だが、わたしがジャニヲタになってからの歴史を振り返ってみようと思う。


わたしが一番古いものでジャニーズと関わったのはたぶん修二と彰青春アミーゴだ。「野ブタをプロデュース」を何故か見ていたわたしはこの二人にハマってMステを録画しては何度も何度も見ていた。今思えばジャニーズに興味があったわけでもないのにあそこまでリピしていたのはすごいし、踊りも完璧なので、青春アミーゴの威力はすごい。修二と彰の後ろでセンターでメキメキと踊っていた中島裕翔くんの顔は印象に残り、のちHey! Say! JUMPとしてデビューする時にこの少年の顔を再び目にすることとなる。


その後の記憶としてはタキツバのVenusとHo!サマーだ。この二曲も何故か録画し、ずっと見ていた記憶がある。だからこちらも振りは完璧だ。


そしてその後KAT-TUNがデビューする。小学校4年生だったわたしは赤西さんに惚れた。Real Faithも録画したものを何度も見たし、その次のSIGNALも何度も見た。車の中では今や懐かしのMDにKAT-TUNの曲を入れてメンバーの声を判別できるくらいまでのファンになっていた。

その後、なんと一番好きだった赤西さんが渡米してしまう。わたしはこの時「ジャニーさんが本当は亀梨を一番人気にしたかったのに赤西が一番人気になっちゃったから赤西をアメリカに追い出したんだ!ジャニーさん最低!」と同じく赤西好きの友だちとジャニーの悪口を言いまくっていた。ごめんなジャニー…。
5人で出されたシングルにはあまり興味が持てず、小学校4年のわたしは待つということができず、事実上ここで担降りをしたのだと思う。ちょうどこの時学校ではプロフィール帳が流行っていて、今まで好きな有名人の欄に赤西仁とかいていたのにいなくなってしまって、誰を書けばよいのかわからず結局二番目に好きだった田中聖を「田中聖?」というようにはてなつきで書くようになっていた。
しかしすごく田中聖が好きだったというわけではない。

ここからはKAT-TUNの記憶はない、と言おうとしたがわたしは有閑倶楽部を見ていたことを思い出した。keep the faithは一番なら歌える。もしかしたらここまでKAT-TUNのファンだったのかと思ったがこのシングル発売は2007年11月となっていた、この時わたしは既に嵐ファンをやっていたのでKAT-TUNのファンであったわけではなくただ有閑倶楽部を見ていただけであろう。


もう一人記憶にあるジャニーズは山下智久ことぴーやまだ。小学校4年生の時クラブ活動でダンスクラブに所属していたわたしは文化祭のようなものでぴーやまの「抱いてセニョリータ」を踊ったことがある。この発表のため今まで着たことがなかった黒い洋服を着て、「抱いて抱いて抱いてセニョリータ」と踊っていた。


さて、話を戻して、好きな芸能人:田中聖?の時代に戻る。完全にはてな状態でしっかりとした好きな芸能人がいなかった曖昧なわたしに王子様が現れる。

わたしが小学校4年生、2007年2月のことだ。わたしはテレビの前のソファでテレビに結構近い距離で何気なくMステを見ていた。見ていた場所まで覚えている。「嵐」というグループがLove so sweetを歌っていた。そう、わたしはLove so sweetを歌う櫻井翔に一目惚れしたのだ。一目惚れした時のことはよく覚えていて、櫻井翔がテレビに映ると「かっこいい!この人、かっこいい!」と言っていた。一瞬だった。わたしはこの一瞬で櫻井翔という人物に堕ちてしまったのである。ちなみに当時は「金髪が一番きらい」と言っていた。ごめん、相葉さん今は好きだよ。


ちょうど花より男子2が世間ではブームになっていて学校の女子の間では「道明寺派?花沢類派?」と言う会話がよく行われていた。しかしわたしはイジメシーンが多く、10時からのドラマは子どもが見るものじゃない!という母親から花男禁止令が出ていたため見れず、そんな話題にはついていけなかった。(でも影で少し見ていた)


バンビーノは特に興味がなかったため(ごめん潤)見ていなかったが、we can make it!はテレビでも見たし、はじめて歌えるようになったRAPはこの曲のRAPだ。
その後の山田太郎ものがたりは1話から見ていた!しかし山田太郎ものがたり放送当時、世間では花ざかりの君たちへことイケパラが流行っていて学校でも話題はイケパラに。そんな中わたしは山田太郎ものがたりを推していた。


ここですごいことが起こる。凱旋記念として行われた嵐単独初の東京ドームコンサートに参戦し、松本潤に堕ちて帰ってきた叔母から「嵐のコンサートに行かないか」という誘いがきた。わたしは参戦することにし、初のコンサートに出向いた。これがDVDにも収録されているTimeの追加最終ドーム公演だ。白いノースリーブのキラキラしたセーターにメゾピアノのピンクのスカートを履いて、うちわとカバンとペンライトを購入し、わたしははじめてコンサートに参戦した。当時は今ほど子どものお客さんが少なく、少し恥ずかしかった。隣のおばさまが「じゅんくううううーーーん!!!♡」と叫んでいるのを見てすごいなあと思っていた。数年後自分も叫ぶようになるとは知らずに。


ここで事件が起こる。1つ目は曲が全然わからなかったことだ。コンサートというものを勘違いしてTime通常しか聴いていかなかったわたしはその収録曲以外はほとんどわからなくて、デビュー曲もあまり知らなかったし、きっと大丈夫を聴いたことがあるような、、というくらいで、オープニングもエンディングも知らない曲で戸惑った。
2つ目はすごい。わたしはなんとコンサート中に鼻血を出した。それはMJウォークの最中だった。いきなり大量の鼻血が出てきたわたしはその場で一生懸命抑えたがなかなか止まらず、ついに叔母(J担)にトイレに連れて行ってもらう。そこで一度止まったと思ったのでもう一度席についたがまた鼻血が出てきてしまう!!もういやだ!!そこでわたしはまたもや叔母に連れられ保健室へ行った。コンサートではちょうどCry for you冒頭のロミオとジュリエットパートが歌われていた…。保健室でやっと鼻血を治して席に戻った時にはなんの曲だったか覚えていないが、もうピカダブ辺りの終盤だったのでないかと思う。


そんなこんなでわたしの初コンサートは大波乱で幕を閉じた。それでも初めて嵐を目にした時には「嵐って本当に存在するんだ…!」と思ったし、あの時の感動はもう一生味わえないし、一生忘れないと思う。


そこからわたしはズボズボと嵐ファンになっていく。初めて自分でCDを買い(Step and go)TimeのDVDも購入した。わからなかった曲もたくさん勉強して、全部の曲を覚えた。コンサートにも毎回参戦して、すごく楽しい嵐ファンの人生を送っていた。

(また、どこから好きになったのかわからないが、そこから半年くらい、Hey! Say! JUMPの山田が好きだった。しかし覚めたきっかけすら忘れてしまった。)

2008年夏辺りだろうか、叔母がわたしをファンクラブに入れてくれた。お陰でわたしの会員証は今のシルバーのものではなく、黄色の旧型だ。5✕10では初めての遠征をした。当時中学1年生でわたしはバレーボール部に所属していた。バレーボールは大会でのユニフォームは12番までしかないため部員が多かった私たちの代は、ユニフォームをもらえるように日々努力していた。中でもユニフォームをもらえる1年生は少なかったがわたしは見事ユニフォームをもらうことができた。初めてだった。しかしこの大会の日こそが初の遠征名古屋ドーム公演と丸かぶりだったのである。わたしはもちろん大会を欠席し名古屋へ向かったのである。これも叔母に連れて行ってもらったものだ。ここで初めてゲットした銀テープは今でも大切に保管してある。


2010年夏、君と僕の見ている風景の国立ライブがあった。わたしはこのコンサートでいわゆる神席を体験した。アリーナの通路側、花道から見ると最前という神席だ。人力のトロッコは手と手を伸ばせば触れるくらい近かったし、花道を歩いているときも目が合うくらいの近さだった。あれから何年か経ったがまだあれ以上の席は体験したことがない。


2011年、初めてコンサートに外れた。驚いた。叔母達は札幌に遠征をしていたが、中学3年生受験生だったわたしは行くことができず、国立公演の日も一番大切なテストの勉強をしながら泣いていた。だから台風で延期になったときはざまあみろと思っていた。最低だwwわたしは自分が行けなくなるととことん反抗する癖がある(今もw)


2012年はアラフェスには落選したものの、Popcornに当選し、順調に嵐ファンを満喫していた。
次の2013年、今までいわゆる相方(リア)と叔母とくらいしか嵐ファンとしての交流がなかったが、2013年初めてそれ以外の嵐ファンの友人達ができた。Twitterも初めて、たくさんのお友達ができた。ここからわたしの嵐ファン生活は大きく変わったのである。ワクワク学校で今までネット上でしか絡んでいなかった人たちと実際に会って、仲良くなって、その後もアラフェス2013に当選し、会場に早く行って友人と遊んでからコンサートに行く。コンサートに行くことで2度の楽しみがある!と知った年だった。またこの年のアラフェスは最後の国立公演であり、わたしは運良くオーラスに入ることができた。わたしは6年間の国立のコンサートのうち4年参戦していることになったため、個人的に国立に対する思い出も多く、最後に聖火に向かってお礼をした時にわたしとしても国立とお別れをした。わたしはこの国立のコンサートが大好きだった。始まる前の風、夕日、花火、聖火、国立でしかできない表現できない演出が大好きだった。だからちゃんと次の国立もいいもの作ってね(話が逸れまくり)


LOVEでは初めて札幌まで足を運んだ。嵐ファンだらけ、ましてや友人が何人か乗っている飛行機に乗ってひとっ飛びしてそれはそれは楽しかった。2日間の参戦だったため1日終わってもまた明日もコンサートというこの上ない幸せを味わうことができた。今年も札幌、行きたい。


この後わたしのただの嵐ファン生活に革命が起こることになる。


2014年1月からわたしの家はやっとBSが入るようになった。そこでわたしはただの好奇心でザ・少年倶楽部を録画して、バイト終わりご飯を食べながら何気なく見ていたのである。その影響かわたしは何故かSexy Zoneが出演したMステを録画していた。sexyマジックで焦らしちゃいなヨ!メドレーだった。そのメドレーがとても良くて、わたしはリアルタイムで見たあとも何度も再生ボタンを押していた。わたしはおそらくそこからSexy Zoneに興味を持った。某動画サイトでSexy Zoneの曲を調べ始めた。たぶんもうこの時には堕ちていたのだと思う。ぶつかっちゃうよとCANDYを初めて聴いた時の衝撃は忘れない。どこで中島健人くんに堕ちたのかはわからないが、以前から健人くんが一番好きだったのでその流れではまっていったのか、謎である。ちょうどその時嵐はハワイライブを発表、受験生であり、高校生であるわたしは行けるはずがなかった。わたしは嵐反抗期に陥った。ここで注意したいのは冷め期ではなく反抗期であるということだ。その衝動からわたしはKing&Queen&Jokerを予約する。初めてSexy Zoneに貢いだ。そしてわたしはSexy Zoneのファン、通称Sexy Girl(セクガル)へとなっていくのだ。

その後もCDは買い続けていたがファンクラブに入会したのは2015年3月だ。わたしはちょうどその時受験生で、それまでセクゾのファンクラブに入会することと現場に赴くことは我慢していた。また、一時的な感情で好きだと思っている可能性もあると思い、1年間健人くんのことをずっと好きでい続けられたら入ろうという自分への確認のためでもあった。予想通り健人くんへの気持ちは全く冷めず、むしろ加速していってばかりだったため3月、セクゾがツアーを発表した時まだ受験は終わっていなかったが大慌てで入会した。無事間に合ってせくパワ横アリに参戦することができた。初めて見た健人くんはとにかくキラッキラしていてこんなにもキラッキラな人がこの世にいるのかと思った。健人くんに関しては肉眼で見るまで絶対にこの世の人間だと信じないと言っていたわたしだか、肉眼で見てもこの世の人間だとは思えなかった。今でも他の星から来た王子様なのだと思っている。


ちょうどSexy Zoneを好きになる同時期、いや少し前かもしれない。わたしはもう一人の少年に堕ちた。中村嶺亜くんだ。ザ・少年倶楽部を見ていた時のことだ。MCのようなある企画に参加した嶺亜ちゃん(普段はちゃん付けしている)は三番目に自己紹介をした。二番目であった神宮寺勇太くんは「どうもーレオナルドディカプリオでぇ〜す」というボケをかまし、会場はどっと笑いに包まれた。まだ会場の笑いが残り司会のツッコミが十分に終わっていない時嶺亜ちゃんは「じゃあ次行っていいですかぁ〜?」と言った。完全に空気を読めていなかった。わたしはこの姿に衝撃を受けた。「なんだこの子は大物か…?」そして嶺亜ちゃんは「れいあでぇ〜す」と自己紹介をし、顔の近くで手をシャラシャラとした。わかりにくい表現であるがとにかく相当ぶりっ子だったのだ。わたしはこよぶりっ子にさらに衝撃を受け、「この大物ぶりっ子のことをもっと知りたい!」と思うようになった。知れば知るほど嶺亜ちゃんのアイドルとしての才能に惹かれ、今に至る。

嶺亜ちゃんに初めて会ったのもセクパワ横アリのことだった。席は真ん中くらいだったのだけどライトの当たっていないジュニアの顔はなかなか見えなくて必死に嶺亜ちゃんを探した。見つけても見つけてもすぐどっか走って行ってしまうしやっと安定して嶺亜ちゃんを見ることができたのはしょりたんの「好きだよ」の時だった。しょりたんとセクファミのジュニア達はセンターステージで踊っていたが嶺亜ちゃんはセンターステージからメインステージにかけての通路で踊っていた。スポットライトは当たっていなかった。しかし嶺亜ちゃんはそんなこと感じさせないくらいすごかった。圧倒的かわいさである。どの瞬間もかわいくて最強ぶりっ子。わたしは嶺亜ちゃんに釘付けで、嶺亜ちゃんしか見えなかった。少クラで後日やってくれた「好きだよ」を見てもらえばわかると思うがあれの何倍も可愛かった…。生はすごい…。

そしてこの前去年諦めたガムシャラに参戦した。わたしは今まで嶺亜ちゃんは天使だから他の子とはまた違う、惚れているというより推しているの方が近い、と言っていた。しかしガムシャラでわたしは嶺亜ちゃんからもう何度目かわからない衝撃を受ける。「かっこいい」。7〜8列目につけたわたしはなかなか近い距離で見た。そこでわたしは嶺亜ちゃんのお顔を「かっこいい」と思ってしまったのだ。これまでも何度かかっこいいと思ったことはあった、しかしそれは中村嶺亜全体としての話で顔の話ではない。嶺亜ちゃんのお顔があんなにかっこいいなんて聞いてない。白い。美しすぎる。鼻がきれいすぎる。ここでわたしは初めて嶺亜ちゃんのことを男性として意識した。とは言え、かわいい嶺亜ちゃんも健在でもうわたしはすっかり虜だ。


そうしてわたしの担当は櫻井翔オンリーから櫻井翔中島健人中村嶺亜の三人となったが変わらず櫻井くんのことは好きだったし、少し時期は戻るが、受験生だったから遠征はするつもりなかったけど2014年冬のデジタリアンにも応募した。でも、持ってる名義、友達、親戚の名義全てを東京で申し込んだのに結構な数あったのに外れた。もちろん当落の日も勉強していて、国語の得意な母に古典を教えてもらっている最中だった。自分が行けないとわかった時、これほどかと思うほど泣いた。泣きすぎて勉強が進まなかった。受験生でただでさえ切羽詰まってつらいんだから数時間くらいコンサート行かせてくれてもいいじゃんって、なんでこんなにいじわるなのってつらいのにさらにつらいの重ねないでよって声が出なくなるほど泣いた。ジャニーズ関係であんなに泣くことそうそうないなと思う。嵐に会えないってこんなにつらいんだって、あの時のつらさは決して忘れない。


掛け持ちになって、嵐で満たされない部分はSexy Zoneが、ジュニアが埋めてくれるだろうと思っていた。でも違った。嵐への気持ちは嵐でしか埋められないし、Sexy Zoneへの気持ちはSexy Zoneでしか埋められない。掛け持ちになったからって一方への気持ちが軽くなるなんてことは全くなかった。だからSexy Zoneについての新しいことをどんどん知っていっても、ジュニアの名前をどんどん覚えていっても櫻井くんに会いたい気持ちは全く消えなくてつらかった。掛け持ちになるということはわたしにとっては100が50、50になるのではなくて100が増える、つまり100、100になるということなんだなと知った。



こんなふうに掛け持ちになったわたしだが、健人くん、嶺亜ちゃんに堕ちる直前にわたしは嵐担の友人と「掛け持ちって全然理解はできるんだけどわたしは絶対にならないと思う」という話をしていた。その決意虚しく直後に二人に堕ちる。笑うしかない。ジャニーズは何があるかわからない。担当は三人でとどまってはいるものの担当ではないけど好きな人が増えていき、必然的に現場数が増えていきつつある。去年までは平均して年に3回くらいだったと思うが今年は既に参戦済みのもの、参戦はまだだかチケット確保済みのものを入れて16回もの現場が決定している。さらに現在は少年たち、えび座の当落待ち、嵐のツアーも入ってくる。恐ろしい。去年までの自分からは考えられない。もう1ヶ月に1現場はないと耐えられない体になってしまった気がする。そんな今は今までのジャニヲタ人生の中で最も楽しい。いろんな人から幸せがもらえて本当にジャニーズには感謝している。そんなことを感じながらまた今日も振込用紙を書く。

嵐BLAST in Hawaiiを見て

ジャニーズ

嵐BLAST in Hawaiiを見た。見終わった後うまい言葉が見つからずただ最高だと言うことしかできなかった。



オープニング、ただの空き地だった場所がコンサート会場になるまでの映像が流れるとても素敵な映像だと思った。



そんな中コンサートが始まる。ヘリで登場しスクリーンに映されながらファンのもとに向かってくる5人はとってもキラキラしていて、ヘリを降り立ち堂々と歩く5人は本当にかっこ良くて好きで好きでたまらなくなる。自分が紹介されサングラスを少しおろしてかわいいきゅるんおめめで覗く櫻井くんはわたしの大好きなアイドルそのものだった。潤はこちらに手を差し出してくれる。この潤の仕草がとても好きだ。



そして階段を登って私達の前に現れる5人。流れるA・RA・SHI。踊りだす5人の顔がほんとうに幸せそうで、見ているこっちまで幸せになる。櫻井くんのラップはこれまで以上に気合が入っているような気がして、ハワイへの強い想いを感じる。間奏で5人で輪になって踊っている時の櫻井くんの表情は今まで見た彼の表情の中で一番好きだと言っても過言ではないほど輝いていた。



ピカンチからピカンチダブルまでの流れがとても好きだ。踊りながら少し苦しそうな顔をしてメンバー同士で笑い合っている姿を見るとすごく微笑ましい気持ちになった。ピカンチダブルは嵐ファンになった当初からずっと一番好きな曲だ。今、嵐の現場にいつも一緒に行く友人は中学生の時に同じようにこの曲が一番好きだと言うことをきっかけに仲良くなったし、わたしの中でこの曲は特別なのだ。



もう一曲特別な曲がある。この後に歌うLove so sweetだ。この曲はわたしが嵐を好きになったきっかけの曲だ。この曲をMステで歌っている姿を見て櫻井翔に一目惚れしたのだ。当時小学生だったけれどあの時の「この人かっこいい!」という衝撃を受けたことはつい最近のことのようだがもう8年前になる。そんな曲をあんなにも綺麗な夕日の中で踊っている嵐を見て改めて櫻井翔を好きになったあの日を思い出していた。また、バックのモニターに映し出された映像を見て初めて国立で行ったコンサートに参戦していた日のことも同時に思い出していた。



MonsterからPARADOXの流れは嵐はまだまだ踊れるぞ、かっこいいぞと言われているようだった。雨の中のPARADOXは最強だ。ただ降りすぎだ。



「僕達は仲がいいと言われることが少なくないけどそうしていないと、寄り添い合っていないと立っていられなかったのかもしれない」という櫻井くんの挨拶はとても胸にくるものがあった。わたしは嵐は「仲がいい」というよりむしろ簡単に言うと「仕事の相性が非常に良い」と思っている。1人1人の仕事の相性が良いからどの組み合わせでも面白いしトークもうまく面白くできるのだと思う。それが「仲がいい」と言われる原因になっているのではないか。だから仕事がうまくいかない時もみんなで寄り添っていることができた、そう思う。話がそれた。




挨拶が終わった後の曲がずるい。seasonだ。わたしはこの曲を聴くたび母に「この曲は誰が聴いてもいい曲」と言い続けている。seasonがかかった時、5人の顔がそれぞれ映る。5人とも晴れ晴れとしたとてもいい表情をしていた。seasonは卒業ソングだがこのハワイの地で歌うにふさわしい歌詞がいくつも見つかった。

「あの頃憧れてた未来を歩き出した」

2002年頃一晩中語り合っていたあの頃憧れていた未来は今のような未来なのかはわたしにはわからないが少なくともその未来を歩き出している、近づいていることは確かなのだと思う。

「わからなかったこと少しわかりはじめた気がする」

櫻井くんは1年前ほどの雑誌での17歳の頃の自分への手紙の中でこう書いていた。「これで本当に良かったのかは分かってはいません。でもまあ…悪くはないかなってところまでは来られたよ」
17歳の櫻井くんにはわからなかった嵐でいることの意義。今は少しわかってきたような気がしている。ハワイを経て「悪くはないかな」というところからどのくらい成長してくれているのかな。偶然にもここは櫻井くんのパートだ。


「今、瞳の奥に輝く夢はいつでもいつまでも」

相葉くんが言った「トップになろうね」という夢。この夢はまだ叶っていないと思う。世間的には叶ったというような感じが漂うけれどきっと本人達は思ってなくてまだまだ上を前を目指している。いつでもいつまでも夢を忘れないで追い続けているのだと思う。




櫻井くんは私たちの前でほとんど泣いたことがない。わたしが知っている限りではデビューコンサートと24時間テレビの時だけだ。しかしこの日の彼は違った。わたしはあんなに目にいっぱいの涙をためて、それでも涙がこぼれないように耐えている彼の顔今まで見たことがなかった。こんなタイミングでそんな顔をするなんてずるい。好きが溢れてとまらない。わたしの涙もとまらない。


最後にA・RA・SHIのサビのみを歌って嵐はまた次の旅へ向かうべくヘリに乗ってファンをあとにした。
16年目からの嵐はどうなっていくのだろうか、どんな楽しいことをしてくれるのだろうか、そんな期待が膨らんだ。


このブルーレイを見てわたしはやっと「ハワイでコンサートをやって良かった」と思うことができた気がする。初めは何故日本のファンを十分に満足させるほど動員することができていないのに海外に行くんだと不満しかなかった。周りの同年代のファン達も次々に不満の声を漏らしていた。セットリストを見てもレポをどんなに見てもわからなかった。しかし翌日のワイドショーを見て初めて心が動いた。櫻井くんがあそこまで楽しそうに踊る姿は見たことなくてハワイにはそんな力があるのかとすごく驚いた。バラエティでのハワイ特番はとても面白かったが、やはりどこかでまだハワイを受け入れられずにいた。NHKの特番を見て少し変わった。何故か途中から涙が止まらずずっと泣いていた。このハワイでのコンサートにはきっとすごく強い想いがあるんだと思った。しかしデビュー当時のハワイ会見を見ていたわけでもないわたしはその想いをしっかり理解することはできなかった。


そんな中やっと先日、私たちのもとにハワイの映像が届いた。ワイドショーで見たような櫻井くんの笑顔がたくさん映る
。全て見終わってわたしは気づいた。ハワイ公演というのは5人にとって「当時の自分にとってのハワイとの決別」なのだと。「やめたい」という思いで来たハワイ、「退院したばかりだから自分だけ踊れず踊る4人を見ていた」という悔しい思いが詰まったハワイがこのコンサートを機に最高の思い出の地となる。過去の自分にとってのハワイとケリをつけ、そして新たな一歩を踏み出すのだ。きっとそんな想いをもっているのではないか。わたしは嵐ではないし本当の気持ちはわからないがわたしが考えられるハワイはここまでだ。何にしろ、最後には彼らのあそこまで弾けた笑顔を見られるならもう何でもいいとすら思った。これからもあれ以上の笑顔が見られるようわたしは嵐を櫻井翔をきっとずっと、愛していく。